1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

良く言えばマイペース?職場で仕事が遅い人への対処法

忙しい職場なのに期限を過ぎても仕事が終わっていない人、早く片付けなければならない仕事を急ごうとしない、良く言えばマイペースな仕事の遅い人っていますよね。周囲の人はイライラしたり、ストレスが溜まってしまいがち…そんな仕事が遅い人への対処法を紹介します。

更新日: 2015年12月16日

mementmementさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
237 お気に入り 68701 view
お気に入り追加

忙しい職場なのにいつもマイペースで仕事が遅い人っていますよね

できることならそのような人とは関わりたくないものですが、仕事となるとそういうわけにはいかないこともあるでしょう。

仕事が遅い人に仕事を依頼してもなかなか期限までに仕事を終わらせてくれないと周囲もイライラしたりストレスが溜まってしまいがち…

仕事は共同作業のため、相手に合わせてタスクをこなすことは非常に重要です。

行動が遅い人とのつき合い方、心理的対処法にはコツが必要なのです。

▼まず自分が仕事が遅い人のペースに巻き込まれないようにする

あなたのペースを保ち、仕事が遅い人とは早めに線引きするようにしましょう。

相手の行動に気を取られている間に自分のやらなければならない仕事が出来ていなかった、とならないようにしましょう。

行動が遅い人を変えようとしては行けません。他人の行動のスピードをあげる事は出来ません。

彼らとのつき合い方としては、大事な事は頼まない事、貸し借りを作らない事、その人の言う事を信用して、それを前提に計画を立てるような事はしない事

▼迅速さを求めるアピールをする

あらかじめ「迅速に対応願います」と一言添えて依頼しましょう。

メールやファックスなど文書で依頼した時は電話など口頭でもう一度依頼の件を伝えておくのも効果的。

口頭だけではなく、手書きのメモなどを活用して「このお仕事は早く終わらせて欲しい」というアピールをしましょう。

一度聞いて返事を待つスタンスでは、後回しにされたままです。何度もしつこく連絡して「この案件は緊急なのかも」と思わせるのです。

▼余裕をもって期限を伝える

ギリギリの依頼ではなく依頼するこちら側も少し余裕を持って依頼することが肝心です。

期限を伝える時は「○月○日○時まで」と、時間まで細かく設定しましょう。

予定よりも早めの時間を伝えておくと待つ時間が少なくなるかも知れません。

周囲ができる解決策は「その人にだけ本当の納期よりも早いウソの納期を伝えておく」ことが一番です。その人の納期ぎりぎりになっても、実際の納期には余裕があるという形をつくることができます。

▼仕事が遅れる前にフォローを入れる

遅れたことを責めるよりも、遅れる前の時点で指導する(または本人に考えさせる)しかありません。ゴールの時点であれこれ言っても効果は薄いですから、スタートに近い時点で言うしかないわけです。

相手の仕事の流れまで把握してフォローを入れるのは面倒ですが、仕事が期限までに上がるようになれば結果的に周囲の負担も少なくなります。

締切より少し前に「お願いしている仕事ですが、今後のスケジュールはこんな感じです。データは順調に集まっていますか?」とついでを装って探りを入れる

▼面倒でもコミュニケーションはしっかりとるべき

コミュニケーションが不足しているから、周囲から見て「仕事が遅い人」の状況というのが理解できません。「なんだかよく分からんけど、一生懸命やっている」としか見えません

仕事が遅い人の多くはコミュニケーションが上手くないので、周囲が質問・相談しやすい雰囲気を作ってあげるのも大事。

とにかくしつこく同じことでも聞くようにして、同じように意識づけするのが、レスポンスを早くするための得策といえます。

相手も自分もストレスなく仕事を前に進めるために、相手には耳の痛いことであっても「明るく、端的に、堂々と」伝え、気まずくならないコミュニケーションを心がけたいものです。

1





ぼちぼちまとめ(・ω・)



  • 話題の動画をまとめよう