保険会社はボランティア企業ではないことを忘れてはいけません。親切な人はもちろんたくさんいます。がしかし、サラリーマンである以上、会社の方針に従って働いている人たちなのです。
会社の利益のために働く人ということです。会社の利益とは支払う保険金をより少なくすることです。
そのため示談交渉は、早い決着かつ、「自賠責基準(一番低い基準)」を最初は使ってきます。
専門の教育を受けている上に経験も豊富ですので、ある意味そつが無いというか、十分な対応はしてくれますが、金額に関しては期待してはいけないのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

慰謝料ってどれくらい?交通事故の賢い示談方法

交通事故に遭うと、保険会社が示談代行(交渉)をすると思っている人。保険会社の人はいい人だから安心、と思っている人は一読してみてください。かかわることがないと思っている弁護士の活用方法もお伝えします。和解・示談前必見。まだ弁護士に依頼していない人は、依頼して治療に専念して示談金(慰謝料)を適切に。

このまとめを見る