1. まとめトップ

【NVIDIA GeForce】と【AMD Radeon】の違い、比較まとめ どちらが優秀?性能比較

GeForceとRadeonの違い、比較。NVIDIA社とAMD(ATI)社の違いの比較をまとめてみました。AMDの方が安いことが多い。Radeonは安いが、ゲームならGeForceが圧倒的な性能です。現在ではゲーマーならGeforce GTX1080ti(8万円)かRTX2080の2択

更新日: 2018年11月10日

373 お気に入り 220482 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

デスクトップ向けのグラフィックボードの性能比較表2015年版
・ここではお勧めできるGeforce系統とRadeon系統のグラフィックボードの比較をします。
あとオンボードグラフィックの性能も比較します。
TDP(Thermal Desigft Power)は熱設計消費電力であり大体の消費電力です。
値段は2014年6月現在の相場となっておりますが一部は2015年上半期または10月の相場となっています。
(最近のグラフィックボードのみを比較します。)

AMD 別名:ATI

Xbox 360にはATIのGPUが採用されています。

Xbox720やPS4のGPUにも採用されました。

■GeForce
PS3に搭載されているGPUを共同開発したこともあり、ほとんどのPCゲームやオンラインゲーム制作で使用されています。そのため、ほとんどのゲームタイトルは問題なくプレイできます。また、RADEONに比べて3D描写に特化しています。使用しているユーザーが圧倒的に多いため、GPUは世界一のシェア数を得ています。また、DirectXと相性がいいため性能を最大限に発揮することができます。ドライバの更新頻度も高く安定性がある。FPSゲームなどでは背景や人物、武器なども細かく描写されます。

■RADEON
APUという独自の商品をだしていることえ、他社のCPUとくらべてオンボードの描写処理が1番だと言われています。さらにXbox360にも採用されました。RADEONはGeForceと比べると省エネと言われていますが、最新のHD7900シリーズが消費電力が多いという声もあります。ドライバについては問題が多いといわれていますが、最近では徐々に改善されているとか。しかしGeForceに比べたら安定性はあまり信用しないほうがいいかもしれません。GeForceはオンラインゲームに最適ですが、RADEONは動画再生に関しては圧倒的な性能をもつといわれています。


簡略に

● NVIDIA GeForce
アメリカ合衆国のビデオチップメーカーNVIDIA社が開発してるGPUです。プレイステーション3に搭載されているビデオチップをSONYと共同開発したことで有名です。主なオンラインゲームで使用されています

・ATI製品より同じコストでも3Dゲームの描写が高速
・対応しているゲームメーカーが多い
・動作が安定しているゲームタイトルが多数
・消費電力が改善されたため省エネ思考になっている
・GTXシリーズはDirectXと相性がいい


● AMD Radeon
カナダのハードウェアメーカーであるATIが開発したGPUだが、現在はAMDに買収されました。Xbox 360にはATIのGPUが採用されています。また、Xbox720やPS4のGPUにも採用されました。

・動画再生の画質や高解像度に対応している
・映像鑑賞、テレビパソコンならRadeonが安定
・低コストの商品は省エネに定評
・ピクセルレートが強いため、光が当たっている場所や影が高速で処理される
・他社のCPUとくらべてオンボードの描画処理はGeForceよりも上

GeForceとRADEONについて個人的に考察してみた

AMD Radeon

・元を辿るとカナダのATI社がグラフィックチップを開発していたが
       その後CPU業界で猛威を奮るっていたAMD社M&Aという形で吸収された

・CPU・GPU製造技術を兼ね備えたAMDによって描画処理にも強いAPUという独自の製品をつくり出した

・PS4やXbox360 ・ XboxOneといったコンシューマ機のCPUとして採用されている

・噂だと任天堂の新型据え置き機『NX』のCPUはAMD社製...

・私見ですがMicrosoft社とAMD社は仲がよさげな気がする

・本筋に外れるがWindows10はAMD CPUを意識して作られていると思う...

・昔のRadeonはGeForceと比べ省エネ。しかし最新のHD7900シリーズは消費電力が大きい気がする

・問題視されていたドライバの不具合も年々改善されつつある(ドライバが一から作りなおされるという話あり)

・Geforceに対しピクセルレートが強い為、物体の光が当たってる場所や陰影の処理が得意

・個人的に鮮明さではRadeonに軍配が上がる

・動画再生技術では圧倒的性能

・GPGPUにかなり強い

・不揮発性メモリのGDDR、そしてHBMの開発はAMD社

・APUとRadeonを同時使用し性能を向上させるDualgraphicという機能がある

・Eyefinity機能を利用し6枚等のモニターを一画面にすることも可能

・OpenGLに対応しており、OpenGLに限ればミドルレンジ級でもGeforceのハイエンドGPUに勝る

・Mantleという独自のAPIはDirect12の技術を取り込んでいる為、Direct12環境では力を発揮してくれるはず

・発色が明るく、よく言うと鮮明で美しい

・FPSで例えると山や川などの景色、ヘリや光、陰影の処理が得意

●連続表示処理が最強、RADEONにEyefinity(愛)があるなら使わずにはいられないっ!
コスパが最強、エ口ゲ・MinecraftをストレスフリーにプレイしたいならRADEON一択!

●AMD(ATI)はIntel、NVIDIAより安い → GeForceとRADEONなら、RADEONの方が安い

NVIDIA GeForce

・アメリカ合衆国のnVIDIA社が開発してるGPUブランド

・PS3に搭載されてるGPUをSCEと共同開発したことも

・数多のゲーム制作環境で使用されている

・ほとんどのゲームタイトルが対応しているため問題なくプレイできる

・GTX 970のVRAM騒動を引き起こすなどのドジっ子である

・GeForceはRADEONに比べてテクセルレートが強く3Dの描画に特化してるといえる

・GPU市場はRadeonとの寡占状態とはいえGeforceが一番の売上という事実

・多くのユーザーが居るため、グラボの使用状況や性能レビューの数はRadeonよりも多い印象

・最近のGTXシリーズはDirectXと相性がよく大幅に性能発揮できている

・PhysX開発メーカーのAGEIAを買収し技術を会得した

・ドライバの更新頻度はRadeonよりも早く、ドライバ自体は安定していると言える

・発色が主に暗い感じ、よく言うと肉眼に近くシャープ

・FPSで例えるとヘリのグラや兵士、銃が細かく描写される

●3D処理が強い、ゲーマー御用達 不動の人気
とりあえず人気の物が欲しい、安定したfpsでゲームがしたいのならGeForce一択!

AMD(ATI)=NVIDIA、インテル製に比べて圧倒的にリーズナブルな価格設定です。安い!

Radeon、Geforceというのはブランド名でそれぞれメーカーは下記の通りです。

・ Radeon・・・AMD(エーエムディー)、ATIとも呼ばれます
・ Geforce・・・NVIDIA(エヌヴィディア)

AMDやNVIDIAからGPUの提供を受けて各メーカーがグラフィックボードのデザイン、ファンの部分など開発して販売しています。

グラフィックメーカーは主に下記のようなところがあります。
・ASUS
・GIGABYTE
・MSI
・Leadtek
・ELSA
・GALAXY
・玄人志向

一般的にグラフィックボードは、RadeonやGeforceなどGPU(グラフィックチップ)の性能で全てが決まりますので、RadeonやGeForceなどの銘柄・ブランド名で呼ばれることが多いのです。

今回はGeForceとRADEONについて個人的に考察してみた 比較まとめ画像

★GeForce
メリット・・・王道中の王道メーカーでゲーム会社が昔から動作検証に使っていたため不具合が出にくい。
       王道メーカーなのでなんとなく安心感がある。
       ゲーム自体がGeForceに最適化されているなんてこともある。
       ドライバがRADEONに比べて優秀らしい。
       新製品はグラフィック機能を犠牲にした分GPGPU機能が強化されたらしい。

デメリット・・・最近開発が低迷中で古い製品の名前を変えて新製品として何度も発売している。
        通称リネーム商法。(例 8800GT→9800GT 9800GTX+→GTS250)
        消費電力や発熱がやばい→冷却ファンがフル稼働でうるさい。

★RADEON
メリット・・・DX11世代ではベンチマークで優秀な成績を残している。
       低消費電力、低発熱で扱いやすい。

デメリット・・・昔から自作している人にとっては二番手のメーカーという印象が拭えない。

Radeon(AMD社 ATI)

Radeon シリーズは伝統的にその当時の最新鋭テクノロジーを投入して製品化しています。
画質はシャープでやや発色は抑え目。見た感じ見やすくゲームに向いてる感じ(あくまで私見)
しかし、先端技術を投入するので、制御するドライバーのVerによっては思い通りの発色が無かったり
ソフトとの相性でうまく動作しなかったりという事も昔からあります。
個人的には”自分でドライバープログラム等を削除・インストールして最適化できる人”向けだと思っています。
因みに、パソコン買い替えで悩んでる人にRadeonをお勧めする人は間違いなくマニアだと思っています(笑

GeForce(NVIDIA社)

GeForceシリーズは誰にでも簡単に安定して動作する製品を制作・投入しています。
画質はradeonに比べると発光が若干きつく、その為境界がぼやけて見えることがあります(あくまで私見)
基本的に色々なゲームはGeforceシリーズでの動作保証が多く、購入する際の目安となる事も多いです。
その為相性が発生しにくく買い替えや、増設に向いているといえます。
個人的には”特に面倒くさい設定などしなくても安定動作するメンテナンスフリー”で初心者にも扱いやすい万人向けだと考えています。

では、「GeForce」と「Radeon」のどちらが良いのか。

この比較はどちらも甲乙付けがたいのが現状です。というのも総合的な性能だけを見ればほぼ同じ程なのです。なので値段や用途によって使い分けるのが最もベターだと言えます。

★値段の面では、「Radeon」に軍配が上がります。Radeonは安い。
「GeForce」と同程度の性能で値段を比較してもかなり安い金額になっている事が多いです。
これにより最近では「Radeon」のシェアもかなり高くなっているそうです。

用途としては、ゲームをするならば「GeForce」。動画・写真編集などがメインの場合は「Radeon」というように考えて頂くと良いでしょう。特に2015年最新ゲームパソコンのほとんどにはGeForceが採用されています。ゲーム業界のおすすめのGeForceのようです。ただ、特別どちらかが秀でているワケではないです。あくまでベンチスコアやシェア数などを考慮した上でのアドバイスなので鵜呑みにしないようにして下さい。

どちらも技術の進歩が著しく、あっちが立てばこっちも立つような状態です。なので本当にどちらが良いのかというのは断言できません。最終的には好みの問題でしょう。

これでは案外迷う必要も無いのかも知れませんね。

これからはグラボは3GB以上が推奨される時代が来る。画面の解像度を高くする場合は2GBじゃ足りない

グラボの2大メーカー nVidiaとAMDが開発するグラフィックボード
GeForceとRadeonの違いなどについてのお話。


●GeForceのメリット
・ドライバが頻繁に更新される為、グラボが安定し易い
・省電力

    GeForceのデメリット
    ・高い製品が多い


★Radeonのメリット
・コストパフォーマンスに優れたグラボが多い
・GPUメモリ容量が大きいグラボが多い

   Radeonのデメリット
   ・ドライバの更新が遅く、不安定さが目立つ
   ・状況で性能が著しく下がったり上がったりする
   ・消費電力が高いグラボが多い


性能的にはRadeonが勝ったりもするので一概に言えず
世界的に見てもシェアはnVidiaが大きくリードしていた。

しかしながらPS4がRadeon製のグラフィックボードを搭載したことにより状況は一変
これまで、nVidia製のグラボに合わせて製作されていたゲームが
Radeon製のグラボに合わせて製作されていくということで
推奨環境にGPUメモリ3GBというのがデフォルトになる可能性がある。

どういうことかと言うと基本GPUメモリが3GB以上ある最安値のグラボは
nVidia GTX780(5万円~6万円)
AMD R9 280X(3万円程度)

このように、性能差はあれど3GBのグラボに手が出し易い価格帯にある。
GTX760のように基本GPUが2GBでも4GBモデルがあったりするが・・・。

何にしろ、Radeon製のグラボに最適化されることで
これからの標準はRadeonのグラボになるということだ!・・・った・・・。

少し遅れてNVIDIAが「G-Sync」という技術を発表するまでは・・・。
この技術の登場でグラフィックボードはnVidia一強時代が到来するかもしれない。

簡単に言うと、グラボの性能に合わせてモニタの描写を最適化し
カクつきやラグを無くすというもの。
モニターに関してはリフレッシュレート144hzにRadeonが対応してないという時期もあったが
この技術はnVidia単独のものなので、Radeonの時代はまだまだ来ないかもしれない・・・。

「ゲームをやるならGeForce、動画を見るならRADEON」

ビデオカード選びにおいて割りと昔から
「ゲームをやるならGeForce、動画を見るならRADEON」
と言われていますが、ゲームに関しては確かにGeforce基準で
作られているのも多いために納得できますが
動画の画質に関しては組み合わせるモニターや好みによるところもあり
なかなか正確な比較が難しいところ。
というわけで手持ちのシステムで比較をしてみました。

同じ動画ファイル(MP4)をそれぞれのカードが載ったPCで再生し
同じシーンをキャプチャーしてみました。
画質設定はそれぞれのドライバを使用していますが色調などは弄っていません。

4GBや6GBのグラボが人気。 60FPSで高い解像度でプレイするにはグラボの容量も必要になる。MODを追加しまくる人も大容量を選ぶ

1位
MSI GTX 980TI GAMING 6G [PCIExp 6GB]

2位
MSI GTX 970 GAMING 4G [PCIExp 4GB]

3位
ASUS GTX750TI-PH-2GD5 [PCIExp 2GB]

4位
GIGABYTE GV-N970IXOC-4GD [PCIExp 4GB]

5位
玄人志向 GF-GTX960-E2GB/OC2/SHORT [PCIExp 2GB]

6位
玄人志向 GF-GTX750Ti-LE2GHD [PCIExp 2GB]


NVIDIA/GeForce GTXシリーズばかりがランクイン

AMDやNVIDIAからGPUの提供を受けて各メーカーがグラフィックボードのデザイン、ファンの部分など開発して販売しています。

グラフィックメーカーは主に下記のようなところがあります。
・ASUS
・GIGABYTE
・MSI
・Leadtek
・ELSA
・GALAXY
・玄人志向

グラボには2万円以上掛けた方がいい 安物はスペックが低く【安物買いの銭失い】になることが多い

1位
MSI GTX 970 GAMING 4G [PCIExp 4GB] 最安値¥41,395

2位
ASUS GTX750TI-PH-2GD5 [PCIExp 2GB] 最安値 ¥14,544

3位
玄人志向 GF-GTX750Ti-LE2GHD [PCIExp 2GB] 
最安値 ¥12,670

4位
Palit Microsystems GeForce GTX 960 JetStream NE5X960H1041-2061J [PCIExp 2GB] ドスパラWeb限定モデル
最安値 ¥23,880

玄人志向

1 2