1. まとめトップ

衝撃!童謡「森のくまさん」の原曲の歌詞はもっと物騒・くまさんの過酷な運命とは?

誰もが歌詞を知っている童謡「森のくまさん」の原曲は実は日本語の歌詞とは異なる、もっと物騒な内容で、なおかつくまさんの運命は実は過酷なものだった・・・!

更新日: 2015年12月19日

7 お気に入り 278562 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

some56さん

みんな知ってる童謡「森のくまさん」の歌詞ではとっても優しい森のくまさんとハッピーな結末

日本語の歌詞だと、熊は「お逃げなさい」と警告した後、貝殻のイヤリングを拾う。

それを返すためにお嬢さんを追いかけるのだ。

「森のくまさん」馬場祥一作詞・アメリカ民謡

ある日 森のなか
クマさんに 出会った
花咲く 森の道
クマさんに 出会った

クマさんの いうことにゃ
お嬢(じょう)さん おにげなさい
スタコラ サッササノサ
スタコラ サッササノサ

ところが クマさんが
あとから ついてくる
トコトコ トコトコと
トコトコ トコトコと

お嬢さん お待ちなさい
ちょっと 落とし物
白い 貝がらの
ちいさな イヤリング

あら クマさん ありがとう
お礼に 歌いましょう
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ

くまさんは落し物を届けてくれるし、お嬢さんはお礼に歌を歌うしでとても平和で幸せ。

え?「森のくまさん」の歌詞って実はアレじゃないの?

ビックリ!英語の原曲の歌詞は物騒な内容!?

ところが、米国の原曲だと、熊は人間に「銃を持たないなら逃げろ」という。熊の警告には銃の有無を確認し、逃げ回る人間の追跡を楽しみたい意図があるのだ。

くまさんは言う。「君さあ、銃を持ってないみたいだけど、僕これから君を襲うから早く逃げた方がいいよ」

原曲のアメリカ民謡「The Other Day, I Met a Bear/The Bear Song」では、日本語版と同じように、人間と出くわしたクマが親切にも逃げることを薦めてくれます。

原曲に登場するクマは人間が銃を持っていないことに気が付くと、「君さあ、銃を持ってないみたいだけど、僕これから君を襲うから早く逃げた方がいいよ」 と獲物に気を使ってくれるのです。何ともアメリカンジョーク的なユーモアが感じられます。

慌てて逃げ出した人間は、道の先の木の枝に飛びつこうとするのですが、何と3メートル以上もの高さ。果たして人間の運命やいかに?!

■判明!これが「森のくまさん」原曲の歌詞だ

※細部が異なる、多くのバリエーションがあるそうです。

The other day, I met a bear
a great big bear away up there
I looked at him he looked at me
I sized up him he sized up me
he said to me why don't you run
I see you ain't got any gun
and so I ran away from there

He said to me Why don’t you run? 彼(熊)は私に行った お逃げなさい
I see you ain’t  got any gun 貴方は銃を持っていないようだから

but right behind me was that bear
in front of me there was a tree
a great big tree oh glory be
the nearest branch was ten feet up
I'd have to jump and trust my luck
and so I jumped into the air
but I missed that branch on the way up there
now don't you fret now don't you frown
'cause I caught that branch on the way back down
this is the end
there ain't no more
unless I meet that bear once more
and so I met that bear once more
now he's a rug on my cabin floor

■英語原曲の歌詞をそのまま訳した内容は?

ある日そこでとても大きなくまに会った

くまとぼくはおたがいを見て品定めする

くまはいった 「銃がないのになぜ逃げないんだ?」

それでそこから逃げ出したけど、すぐ後ろにはあのくまがいる

おっと、目の前にとても大きな木があった

一番低い枝は10フィート上だ。ジャンプして運を信じなきゃ

それで空中にジャンプしたけど、はねすぎて枝をつかみそこねた

さあやきもきしないで、むかむかしないで

落ちるときに枝にしがみついたからね

起きたことはそれだけ、あのくまにまたあうまではね。

そう、ぼくはあのくまにもう一度会ったのです

今はぼくの小屋の敷物だよ

なんと、もりのくまさんの運命は・・・。

そのクマさんが最後にどうなったかと言うと、彼女の家の敷物になっちゃうんだよな

1