1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ロクに政策で論争できない党の重鎮だから、メディアの暴挙を平気で肯定する。 #民進党 twitter.com/edaoffice/stat…

【青山繁晴を蔑み笑う民進党の杉尾秀哉】内閣連合審査会[閉会中審査]2017年7月10日 youtube.com/watch?v=-rsdoW…

3年連続で円安となり40%も下落したことや、1人当たり国内総生産(GDP)が4万6000ドルから3万3000ドルに減少したこと、GDPは6兆ドルから4兆ドルまで減少したことなどを指摘した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「安倍さんはよくやった!」
「アベノミクスで経済危機になるな」
「安倍首相はなんて偉大なんだ!絶対に7年くらいは続けて欲しい!」

「輸入は大赤字、輸出はまあまあ。引き続きアベノミクスに注視しないと」
「輸出の伸びが円安について行っていない。日本の技術的優位性も崩れた」

「日本は正常なレベルに戻っただけのことだ。日本にはもう発展する余地がない。GDPの変化は為替ゲームに過ぎないよ」
「為替ゲームに過ぎない。米ドルで計算した値は実際の経済を表しているとは限らない」

民主党が政権を奪取した2009年7~9月期から、政権を明け渡す12年10~12月期までの実質GDPの伸び率が「5.7%」だったのに対し、安倍政権が誕生(12年10~12月期)してから3年間(15年7~9月期)の実質GDPの伸び率は「2.4%」。つまり、同じ3年間を比べてみると、伸び率は民主党政権時代の方が安倍政権より2倍以上、数値が「良かった」のである。>(以上「日刊ゲンダイ」より引用)

安倍政権の誕生前(12年11月)と「現状」(15年9月)を比べても、景気は悪化している。「貯金ゼロ世帯の割合」は26%→30・9%に大幅悪化。「生活保護受給世帯数」も約156万8000世帯→約162万9000世帯に増加し、非正規労働者は1775万人(12年4~6月)→1971万人(15年7~9月)に増えた。経済回復どころか、庶民生活はどんどん追い詰められているのだ。経済ジャーナリストの荻原博子氏

1