1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

日本がアメリカの保護を受ける一方で、戦争に巻き込まれる危険性を示唆し、「結局、昔も今もアメリカの言いなり!?」と締めくくっていた。

そして、VTRが一段落すると、池上氏は開口一番、「国際貢献という言葉は美しいんですけど、よく見るとアメリカへの貢献の部分がある」との説を唱えた。「東アジア情勢の緊迫化が高まると、(米国の介入で)日本がかえって巻き込まれることを心配する人がいるのも事実」だという。

また、話題の最後に、池上氏は「日本が弱かったときは、アメリカが『守ってあげますよ』って感じだった。それがだんだんアメリカの経済力が弱くなる一方、日本が強くなると『経済力強くなったんだから、何とかやれよ!』って言い方になってきた」と語った。続けて、「本当に平和を守るためには何ができるのかを、あらためて考えなければいけない時代に来ている」と持論を展開していた。

池上彰の番組で、公明党のバカ女議員(佐々木さやか)が「創価学会の票集めは政教一致に当たらない」だとさ♪それは公明党の勝手な見解!国民から、これほど不満の声が挙がっているんだから議論しろや~!「話し合う必要ナシ」と逃げる創価!どこが「対話の宗教」だ? #蓮成寺 #慈光寺 #養源寺

1