1. まとめトップ

宇宙の「真空」と 悟りの「空(くう)」を繋げた男 ナシームハラメイン

認知度が上がり始めた 権威主義(アカデミー)の外側からアインシュタインを抜いた男日本では 何故か?スピ系で人気彼の 本質は 物理学的考察飛びぬけた才能の持ち主が解明する 「繋がり」は 全ての概念を変えるポテンシャル保有

更新日: 2017年02月20日

8 お気に入り 16947 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

学閥・権威者は 昔学んだ理論にしがみつくだけ・・結果 ピラミッドは5000年前に奴隷が・・と未だ・・本来の知性とは?権威・学閥に風穴を開けるモノ!それを継続実践している男がナシーム氏 感銘を受けてのまとめ集です!

jlt018さん

新(深)宇宙理論・・・クラウドファンディングから映画化 日本語版出るか??

ビックバン?そんな古い理論を捨てざるを得ない
宇宙の そして 地球 人類の 根源的エネルギーとは何か?
回転・・

私たちがこの新しい物理学を理解し、原子は常に真空空間から供給を受ける小ブラックホールで
それ故、電子は見掛け上エネルギー供給なしで、何十億年も回転しているのだと理解すれば、
私たちは創造の基本的仕組みを理解するでしょう。

真空空間の密度は、1立方センチあたり10の93乗グラムです。

わかりやすく言いますね。
宇宙のすべての星を取るとします。
銀河系には、1千億から3千億の星があり、銀河は数十億あります。
それらを全て取って、1センチの立方体の空間に入れると、1立方センチメートルあたりの密度は
10の55乗グラムとなります。
この密度は、真空空間の密度より39桁少ないのです。
そこにあります。

そのエネルギーの1%の10億分の1の、10億分の1の、10億分の1の10億分の1を引き出せば、
全地球に足るエネルギーが得られます

ナシーム・ハラメインは1962年にジュネーブで生まれました。‘ハラメイン’というのは、イラク人の姓です。彼はたった9才のときに、すでに “統一理論”に関する物質とエネルギーについて取り組んでいたというほど、知的天才少年でした。かなり後になってからナシームは、 “統一理論”を彼流に“ホロフラクトグラフィック宇宙論”とよぶようになりました。“宇宙はホログラム”であるという意味です。明らかにホログラムとして現れているのが宇宙です。
   
ナシーム・ハラメインは、“ホログラフィック”ということばと、ごく最近生まれた専門用語の“フラクタル”を組み合わせて彼の理論を名づけています。

ブラックホールは 決して 黒い穴(Hole)ではなく プロトン(陽子)を含めた エネルギー総体の全て(Whole) 字幕版 要希望の作品!!

“フラクタル”とは、最小から最大までそのパターンが繰り返えされることです。したがって原子は、太陽系にも、銀河系にも、さらに宇宙全体にもパターンが“レプリケート”(複写)される、という意味です。ミクロへと、マクロへとこれが無限にリピートする現象をいいます。このようなことからしても電気的(プラズマ)宇宙論とまったく同じ原理であるといえるのですが、そのようにして拡大/縮小していく‘スケーラビリティ’(拡張性)の宇宙こそが、ナシーム・ハラメインの研究のキーコンセプトとなっています

シンクロニシティ(精神世界・ユング論)を 物理学的に紐解く

気軽に 口にしている「シンクロ」
けれど この想念のプロセスの深さと 事象連動・・
想いの大切さは その人の行動全てに 還流させれていく事を
深く知る事で 開眼させられる
「嘆き」「不安」「不満」「邪推」「決め付け」「思い込み」
折角の意識エネルギー 無駄なく 「真の豊かさ」へ浪費なくフォーカス

科学と精神世界の融合

最新の宇宙理論と 宗教界が説いている「とある地点」との融合

超話題のマージナルサイエンティスト(異端科学者)が語ってくれたこと

高額出資者が資金を惜しまず・・・ ナシーム氏の研究は続く

21世紀 精神世界と物理~宇宙理論は融合へ・・

1