1. まとめトップ

日本人の大好きなお寿司の巻物・巻き寿司

日本のおいしい寿司文化の中で欠かせない品、巻物、巻き寿司。そんな巻物のおいしそうなもの、古くから愛されるものをご紹介。

更新日: 2019年05月13日

1 お気に入り 27854 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

お寿司大好き筆者です。

moepapaさん

巻物・巻き寿司とは

巻き寿司(まきずし)は、寿司の一種であり「巻物(まきもの)」、「海苔巻き(のりまき)」とも呼ぶ。一般的には、巻き簾上の海苔に酢飯を広げてその上に具(巻芯)を乗せて巻いた日本の料理を指し、太さの違いによって「細巻」「中巻」「太巻」と各々違う呼び名がある。

近畿地方には「細巻き」がなかったことから名称の区別がなく、それらすべてを「巻き寿司」と呼んでいる。巻き方は地方や店舗によって異なるが、断面が方形あるいは円形のものが多い。

広く愛される巻き寿司メニュー色々

アナキュウ巻き

穴子とキュウリを巻いたもの。穴子のこってり感をキュウリがさっぱりとさせてくれます。

鉄火巻き

まぐろを芯として作った巻物で、寿司の海苔巻きの定番、王道とも言える。
寿司で巻物というと、まずこれを想像する人が多いくらいの定番巻物。

鉄火巻(てっかまき)とは江戸前寿司の一種、また細巻き(海苔巻き)の一種である。鮪(マグロ)の赤身におろしワサビを添えたものを芯とし、これを酢飯と海苔で巻いたもの。なお、長崎県ではマグロの需要が少ないため、ブリ・カンパチ・ヒラマサといった白身の魚を芯にした白い鉄火巻も存在する。

晩ごはん 鉄火巻き ポテトサラダ イカフライ 茶わん蒸し スーパーでのお買い物 楽シリーズ✨ ごちそう様です pic.twitter.com/VAh6lDVaP2

グッパイなおすす。鉄火巻にいかしそ巻き、はまちにしめ鯖オニオンサーモン追加。寿司居酒屋は正義。 とりあえず、ワイをエスコートしたい時は寿司居酒屋かホルモンか餃子のうまい店に連れてけば何とかなる pic.twitter.com/bbYs2OEbZD

私は御寿司の中で鯛と鉄火巻きさえあればいい人なのですが、たまに「鉄火巻きスイッチ」が入るのです。 なので今日のお昼は鉄火巻き✨ pic.twitter.com/VMKEmfr7bR

ネギトロ巻き

骨の隙間にある赤身(中落ち)や、筋の多い部位や皮の裏などの脂身をこそげ落としたもの(すき身)と刻んだネギを巻いた人気の巻物です。

皮トロや中落ちを使うことで原価が安く作れるのでお得なメニューになっているお店が多いです。

今日の夜ご飯 ネギトロ巻き ほうれん草の胡麻和え フルーツゼリー pic.twitter.com/I2cUBuEjFX

かんぴょう巻き

かつては単に「海苔巻き」と言えば「細巻」の「干瓢(かんぴょう)巻き」を指したというほど伝統の巻き寿司。

乾燥させたかんぴょうを水で戻し甘辛く煮たものを使用。単に「細巻」「海苔巻き」「鉄砲巻き」とも呼ぶ。かんぴょうはみりん・砂糖・醤油で濃いめに味付けして冷まして切る。

お行儀のよいかんぴょう巻き巻けますか? おとな女子の巻き寿司基本帳はじまります! #飾り巻き寿司 pic.twitter.com/Ni2Yw5wbTm

1 2 3

関連まとめ