シェーバーやハサミだと届きにくいIOラインは、トリマーで短くするのがお勧めです。IOラインを処理するときは、片足を椅子などに乗せて、皮膚をひっぱりながら行います。Oラインは見えにくいので、鏡を使って、火傷に気を付けて行いましょう。

前へ 次へ