1. まとめトップ

ガンダムタイプの機体図鑑【未来世紀(機動武闘伝Gガンダムシリーズ)】

F.C.、ガンダムファイト、モビルファイター、MF、モビルスーツ、MS、シャイニングガンダム、ゴッドガンダム、デビルガンダム、マスターガンダム、ガンダムマックスター、ドラゴンガンダム、ローズガンダム、ボルトガンダム、ドモン・カッシュ、東方不敗マスターアジア、マニアック、ロボット、ガンプラ、アニメ

更新日: 2016年05月14日

kwkwkwkwさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 53859 view
お気に入り追加

【未来世紀におけるガンダム】

各コロニーの威信をかけた代表選手としてのモビルファイター (MF) を指す。
これらは頭部デザインこそある程度の共通性はあるが、他には統一性はない。
ただし、本来は「ガンダリウム合金を使用したモビルスーツ」のことを指し、高性能なMSの代名詞であった。
ガンダムファイトに使用されるガンダムは上記の他に "Govern of Unverse Nation Decide Advanced Mobile-suit" (宇宙を支配する国を決める新たなモビルスーツ)の略という意味も付加されている。

【ネオアメリカ所属】

初登場:漫画『機動武闘外伝ガンダムファイト7th』
搭乗者:マックス・バーンズ

第7回ガンダムファイトのネオアメリカ代表MF。
格闘戦にはナックルクラッシャーとロッドクラブ。銃撃戦にはフリーダムショットで戦う。

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
全高 :16.3m
重量 :7.3t
搭乗者:チボデー・クロケット

第13回ガンダムファイトのネオアメリカ代表MF。
重装甲・重武装を誇る。機体デザインはアメリカンフットボールのプロテクターを模している。
ボクサーモードへの変形機構を備え、防御力を犠牲にフットワークを向上させて戦闘力を上昇させることが可能。
武装は頭部バルカンと2丁拳銃ギガンティック・マグナム。
専用シールドも用意されてはいるが、チボデーはこれをほとんど移動用トランスポーターとして用いており、トランスポーターには足を固定するハンガーもしっかり存在する。

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
搭乗者:チボデー・クロケット

重量軽減のために胸部装甲は分離、肩部装甲はボクシンググローブさながらに両手に装備されるだけでなく、内蔵のブースターでパンチの威力を向上させる。

初登場:漫画『超級!機動武闘伝Gガンダム』
搭乗者:チボデー・クロケット

第13回ガンダムファイトのネオアメリカ決勝大会用MF。
機体デザインは西部劇の保安官をモチーフとしており、マックスターよりも射撃性能が向上している。
さらに装甲を完全にパージしてマックスター以上に身軽になる「減量モード」が実装されており、本気を出したチボデーのボクサーとしての動きを完璧にトレースすることができる。
そのフットワークとパンチの速さは、ドモンの動体視力をもってしても目で追うことさえできないほど、まして体がついていくなど論外なほどであった。

初登場:漫画『超級!機動武闘伝Gガンダム』
搭乗者:チボデー・クロケット

【ネオイタリア所属】

出典yaplog.jp

初登場:漫画『機動武闘外伝ガンダムファイト7th』
搭乗者:ジェノバ・ブラッツィ

第7回ガンダムファイトのネオイタリア代表MF。
ディアボロはイタリア語で悪魔のこと。

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
全高 :16.2m
重量 :7.0t
搭乗者:ミケロ・チャリオット

第13回ガンダムファイトのネオイタリア代表MF。
古代ローマ時代の闘士が反映されており、鈍重な外見とは裏腹に機動性は高く、両足に16門の「サテリコンビーム砲」を装備し、ミケロの得意技の「銀色の脚」で、さらに強化される。

初登場:雑誌『ニュータイプ企画『ONLY!MY GUNDAM』』
頭頂高:17.4m
重量 :7.2t

ネオイタリア代表。
ネロスガンダムを超える新型機として、フェラーリ社が開発。
パワー・スピードはすぐれているが、武器は装備されていない。

【ネオイングランド所属】

初登場:漫画『機動武闘外伝ガンダムファイト7th』

第7回ガンダムファイトのネオイングランド代表MF。

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
搭乗者:ジェントル・チャップマン

第9回~第12回ガンダムファイトのネオイングランド代表MF。
第9回大会・第10回大会・第11大会では3連続優勝を飾り、第12大会でも3位という好成績を残す。
ビームライフルを主武装とする。

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
全高 :16.2m
重量 :7.0t
搭乗者:ジェントル・チャップマン
別称 :「Royal Gundam(ロイヤルガンダム)」

第13回ガンダムファイトのネオイングランド代表MF。
ブリテンガンダムを引き継いだビームライフルを主武装とする機体で、長距離射撃を中心とした戦術を想定している。また、接近戦のスタイルは銃剣術に近い。

【ネオインド所属】

初登場:漫画『機動武闘外伝ガンダムファイト7th』

第7回ガンダムファイトのネオインド代表MF。

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
全高 :18.8m(ノーマルモード)
重量 :21.8t(合体時)
搭乗者:チャンドラ・シジーマ

第13回ガンダムファイトのネオインド代表MF。
専用のMFキャリアーが壷型であり、サポートユニットと合体し巨大なコブラ型となって戦う。
尾の部分で締め上げたところでMF部分が分離し止めを刺すという戦法をとる。
尾をコントロールするのはペットの大蛇。笛状の武器ビームパイパーはビームソードにも変化する。

【ネオエジプト所属】

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
全高 :16.6m
重量 :7.8t
搭乗者:ダハール・ムハマンド
別称 :「Mummy Gundam(マミーガンダム)」

第4回ガンダムファイトのネオエジプト代表MF。
第4回大会の決勝でサイ・サイシーの祖父、サイ・フェイロンのフェイロンガンダムに敗れ、ダハールも死亡してしまう。その後、機体共々埋葬されていたが、DG細胞によって甦り、ファラオガンダムXIII世やサイ・サイシーを襲った。

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
全高 :16.6m
重量 :7.8t
搭乗者:カウラー・ラムゼス
別称 :「Mummy Gundam(マミーガンダム)」

第13回ガンダムファイトのネオエジプト代表MF。
ネオエジプトは代々ファラオガンダムという名前で大会に参加しており、13回大会にはXIII世で登録している。
整備中にDG細胞に侵されたファラオガンダムIV世(IVはローマ数字の4)に襲われ大破する。

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』

ネオエジプトのMF。
デビルガンダムとの最終決戦時にネオエジプトコロニーから発進した

【ネオオーストラリア所属】

初登場:漫画『機動武闘伝Gガンダム外伝~翔龍伝説~』
搭乗者:ヴィル・ホーガン

第13回ガンダムファイトのネオオーストラリア代表MF。
カンガルー形態に変形可能。

初登場:漫画『機動武闘伝Gガンダム外伝~翔龍伝説~』
搭乗者:ヴィル・ホーガン

第13回ガンダムファイトのネオオーストラリア代表MF。
クロコダイル形態に変形可能。

【ネオオランダ所属】

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
全高 :17.0m(ノーマルモード)
重量 :8.1t
搭乗者:ルドガー・バーホーベン
別称 :「Hurricane Gundam(ハリケーンガンダム)」


第13回ガンダムファイトのネオオランダ代表MF。
胸に巨大な風車を装備したMF。
腕部・脚部を収納して顔を隠すことによって「風車小屋」に変形できるほか、脚部を収納した状態で風車を機体底部に移動させることによって「飛行モード」に変形できる。

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
全高 :17.0m(ノーマルモード)
重量 :8.1t
搭乗者:ルドガー・バーホーベン
別称 :「Hurricane Gundam(ハリケーンガンダム)」

初登場:アニメ『機動武闘伝Gガンダム』
全高 :17.0m(ノーマルモード)
重量 :8.1t
搭乗者:ルドガー・バーホーベン
別称 :「Hurricane Gundam(ハリケーンガンダム)」

1 2 3 4 5 6 7





好きなこと:順番とか区分けして並べる。
あかんとこ:飽き性。
いろいろ、まとめてみます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう