1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

narichansisさん

※本記事の画像、解説文の無断使用を禁止します
 (@narichansisの記載無き画像は無断使用により削除依頼中)

大野智さんの人間性否定と信用問題に発展させるのが狙いだった熱愛同棲報道は、業界の裏事情が絡む策略だった。多くの大衆が信じ込まされた捏造の一部を担った合成写真を検証する。

実はフライデーの狙いもここなんです。(中略)
『でも智は甘いよね』こう思うことが智くんを永遠にぶつ武器になる。この思い込みは一生と言っていいほどの禍根を残す。

「ファンの信頼は大野さん自身にしか取り戻せないのだから捏造を検証しても意味がない」という声もあるが、果たして本当にそうだろうか?大野さんは9.18以降、十分にそのパフォーマンスと努力でファンの信頼を取り戻したはずだ。しかし、信頼を取り戻してもなお、この黒い噂は大野智さんを一生苦しめることになる。何故なら相手の狙いは「人間としてはクズ」「プロ意識は低い」「自己管理が甘い」などといった人間性否定と人としての信用・信頼問題につなげ、トップアイドルとしての重要な「イメージ」を失墜させることだからだ。

捏造によって作り上げられた世間のこの「思い込み」は大野智さんを一生苦しめる。「捏造」であることの証明は、大野智さんの人間性と信頼・信用性を証明する作業と同じだ。

この策略に気付いた大野智さんのファンはまだ少なく大野智さんを支持する一方で『フライデーされた時点でアイドルの自覚なし』などと言う声が聞こえるが、そのような簡単なレベルのものではないのだ。嵐の中からターゲットとして狙われ、時間をかけて計画的に準備されたものであり『うっかり撮られた』というレベルのものではないのである。むしろ、これだけ狙われていたのになに一つ決定的ツーショットが出てこないのは、大野智さんがかなりガードが固いということであり、そのように徹底的に気を付けている大野智さんでも「回避できなかった」レベルの策略にはめられたということなのだ。

溶岩浴の店に入る証拠画像は存在しない。このため、あたかも店に入るように工作した合成写真がこれだ。報道にショックを受けた読者はこの合成写真にすぐに騙されマインドコントロールにかかった。

フライデー本誌(岩盤浴から出てきてタクシーに乗ったと解説された画像)に続き、FRIDAYデジタルに掲載されたこの画像も合成だ。溶岩浴に2人で入った決定的証拠画像が無いために「いかにも2人が溶岩浴に入るところ」を装った合成画像を作った。また、この店舗が業界の裏事情に絡む場所であり、この場所を選んで合成写真を作り報道させたことから、この件に絡んだ裏方が読み取れるものになっている(直撃されたという「焼き肉店」のビルも同様)。

右:ビル入口(溶岩浴は2F)
左:雑貨屋

ガラスの模様とコーナーが違う

実際は防火用網入りガラスで斜線の模様があり、向こう側が見えにくいはず

実際はコーナーの幅も、もっと太く写り込むはず

遠近がおかしい

FRIDAYの写真の赤枠部分は実際は黄枠部分が重なっており、両サイドは数メートルの距離がある

数メートル離れた距離にある2つの縦の線が重なった位置で撮影されたものであるが、これと同じ角度で撮影した実際の画像がある

このアングルで撮影すると、至近距離または遠くから望遠で撮影したにせよ、コーナーの角度は階段よりもかなり手前にあるため、右の画像のように大きく写るはずだがFRIDAYの画像は小さく写っている

遠くから望遠で撮影したとしても、このアングルで撮影した場合、コーナーの大きさと階段や壁の大きさの関係は同じであるはず。至近距離から撮影しようが、遠くから望遠で撮影しようが、手前にあるコーナーとその先にある階段と看板の遠近の関係は変わらない

FRIDAYと同じ角度(ショーウィンドウのコーナーが壁面広告の左端に重なる角度)で実際に撮影すると、壁面広告の角度が合わない

フライデーと全く同じ角度(ショーウィンドウのコーナーが壁面広告の左端に重なる角度)で撮影したものが右画像。
壁面広告の角度がフライデーとは異なるため、このアングルより左寄りから撮られた画像であると思われる

つまり、遠近と角度がおかしいことからも、「壁面広告+階段の画像」と、手前の「ショーウィンドウ」の画像は別物である可能性が高いことがわかる

大野智さんの影がおかしい

観葉植物の影は右に伸びている

・雑貨店の照明が左から当たっている
・右側上の照明は看板に当てられており観葉植物には当たっていないため影が左側にはごくうっすらとしか出ていない

大野智さんの右足踵から離れたサンダルを見ると「左足に重心があるはずだが、地面からは浮いている・・・段差の異なる別の階段を登っている大野智さんの画像を貼ったのか?

1 2 3