1. まとめトップ

ダイエット効果だけじゃない!腹筋を鍛えることのメリット

腹筋を鍛えることのメリットについてまとめてみました。

更新日: 2015年12月24日

9 お気に入り 63137 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

w29rtnbqさん

ダイエットといえば腹筋!

あと20回で腹筋150回おわる !! またシンデレラノートの色塗れる がんばる !!!!

時間を費やしてダイエット始めるなら成功したいものです!
成功したいなら腹筋はやらない手はありません!腹筋の効果が凄い!

腹筋を鍛えるとこんなに良いことが!

腹筋をすることによって得られる効果としては、

脂肪が落としやすくなる体質になるということ!



脂肪は燃やそうとしても中々燃えないし、減らないものだよね。

腹筋運動をして、筋力をつけることで基礎代謝がアップして

太りにくい身体にしてくれるというメリットはあります!

基礎代謝を上げるには、腹筋などの筋肉を付けるのが効果があると言われています。

このような筋肉をインナーマッスルとも言いますが、これを付けることによって、寝ていてもカロリーを消費する身体になっていきます。

「インナーマッスル腹筋」を鍛えると、自然と基礎代謝を上げて「ダイエット体質」になっていきます。しかも、腹筋は毎日トレーニングしても大丈夫なので、よりスピーディに「ダイエット体質」に変わっていくことができるのです。

腹筋をすることで姿勢が良くなる効果もあるんだって!

腹筋を鍛えることで身体の体幹が安定。

体幹は、内臓の場所を正しい位置に保つ作用も持っているので

「姿勢がよくなる=内臓の位置が定まる=体の内側が丈夫に保たれる」

腹筋とか体幹もしっかりしてきたし、その分姿勢も良くなった。 肩回りの痛みも軽減されてるし。

腹筋を鍛えると女性らしいラインを作ることができます。いわゆる「くびれ」ができるとバストやヒップをより強調できるので女性の美しいラインになります。腹筋が衰えるとお腹まわりに脂肪が溜まってしまいます。お腹まわりは体の部位の中で一番脂肪が溜まりやすい場所だといわれています。

運動不足の人は、腹筋を鍛えただけでも便秘が解消がしやすいです。サプリメントよりも短時間で効果が見られるかもしれません。

また、腹筋を鍛えることで内臓の働きを活発にします。消化器官の働きが活発になると便秘も解消されます。腹筋を鍛えて便秘を解消できればお腹のぽっこりがなくなり効果が目に見えます。便秘の人は試してみてください。

ちなみに昨日トレーナーさんが「日本人は下腹部の筋肉が弱い人が多いので、鍛えてあげると腹筋が整い、便秘が治ります。」と言ってましたよ~!

小学の頃から便秘だけどここ半年以上寝る前に腹筋してたら少し割れてきたしお通じ改善されたから腹筋したほうがいい

腹筋が衰えてくると、内臓が下がってきます。するとポッコリお腹になるのですが腹筋を
鍛えることにより内臓を押し上げ正常な位置にしポッコリを解消してくれます。

ダイエットに効果的な腹筋の方法

ただやみくもに腹筋をするよりも、より効果的に美しいボディラインを作れる方法で頑張りたいですよね!
そこで女性にオススメの腹筋方法を調べてみました。

まずはどんな腹筋の女性になりたいかイメージして明確にしておくことが大切です。
理想の芸能人やモデルさん、憧れの女性の腹筋を思い描いてこんなきれいな女性になるというように思い描くことはとても大切です。明確な目標があることで自分に合ったトレーニングをすることができますし、心が折れそうな時もその女性の写真などをみて再度やる気を奮い立たせることができます。

キレイな腹筋ほしいー… 頑張ってつくろッ! くびれもほしいよー 憧れるな、こんなボディー スタイルよくて可愛いくて キレイな人になりたいー…❤️✨ 理想がたかすぎる。笑 pic.twitter.com/AGOvX7G7oo

この人の体型になりたい。nice bodyすぎる(´・_・`)腹筋キレイ〜 pic.twitter.com/tVmyCHe3GU

まずは最も代表的な腹直筋トレーニング、「クランチ」に挑戦してみましょう。腹直筋の中でも特に「上部」に効くのがこの運動です。

1.仰向けになり、胸元で手を交差しまょう。ふくらはぎが床と平行になるよう脚を持ち上げ、膝を90度に曲げます。
2.腹筋を使い、お腹を軽く曲げて、頭と肩を床からほんの少し上げましょう。これが基本姿勢。目線はおへその辺りに向けて。
3.腹筋(特に上の方)に力を入れて、息を吐きながら、上体をゆっくりと丸めるように持ち上げます。腹筋上部がカタくなれば効いている証拠です。自分の限界1歩手前で止まり、息を全て吐き切って。
4.息を吸いながらゆっくりと2の基本姿勢に戻りましょう。頭を完全に床につけてしまわないのがポイントです。2~4を10~15回ゆっくりと繰り返しましょう。

ぽっこりお腹を引っ込ませるには、直接出ている部分の脂肪をなくすことが必要ですね。そのためには下腹を鍛えることが大事です。

・仰向けに寝て膝を軽く曲げます。このとき膝は閉じましょう。
・膝を胸に近づけます。このとき下腹に力を入れて行います。背中は床につけたまま行うのがポイント。

膝を上げるときに反動をつけると効果がなくなってしまうので、反動をつけずにお腹に力を入れて行いましょう。15回1セット、慣れてきたら3セット行います。

1 2