1. まとめトップ

[宴会] 飲み会前に絶対に押さえておきたい“二日酔い”対策まとめ

忘年会に新年会など、年末年始は職場や友人、家族、親せきらとのお酒の席が多くなる。飲み会後の“つらい二日酔い”は本当に厄介者。そんな飲み会後の二日酔いを防ぐための対策をまとめてみました。

更新日: 2019年08月03日

1 お気に入り 4627 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Yu-peiさん

★本当にツライ“二日酔い”

年末年始は、職場の飲み会や、家族や親せき、友人が集まるお酒の席が多くなる

出典http://linear.blue/daily_life/hutukayoi

楽しい楽しい飲み会。しかし、その翌日に襲ってくるのが、つらいつらい二日酔い

そもそも二日酔いとは、お酒を過度に飲むことにより、体内でアルコールが分解しきれず、肝臓にも負担がかかって翌日までさまざまな不調が現れること

クリスマスイブを二日酔いで迎えたのは初めて バイトくそつらい

★ツライ二日酔い対策を紹介します

① 飲み会の前

空腹状態でアルコールを摂取するのは超NG。飲んだアルコールがダイレクトに吸収されてしまうので、序盤からすぐに酔いが回ってしまいます。

特にチーズやヨーグルトなどは脂肪分が胃の粘膜を保護することで、アルコールの吸収を和らげてくれる。

また、オリーブオイルやドレッシングも、多く脂肪を含んでいます。地中海の国々では、飲酒前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲む習慣もあります。

飲み始める前にドレッシングのかかったサラダを食べておくのも良い

ウコンに含まれるクルクミンという物質がアルコールを分解する働きをしてくれる。

ウコンを飲むタイミングは「食前」か「食後」と意見が分かれるが、ウコンの力を飲んでからお酒を飲むことで胃が荒れるのを防ぎ、二日酔いになりにくくなる効果があるといえる。

飲む1時間前がベストとされている

よっしゃ二日酔いなし✌️めっちゃ気分いいし 改めてウコンの力に感動!マジで効くなぁ(笑) こないだより余裕で呑んだけど全然イケるわ おし昼から勉強がんばろかい〜♪

また、お酒を飲むと体内の水分が失われ、脱水症状を起こし「頭痛」や「だるさ」の原因になります。これを防ぐために、水を500ml飲んでから宴会に行くこと

睡眠不足や疲れがたまった状態で飲むと、アルコールが体にまわりやすくなります。

お酒を飲む前の日に暴飲暴食や夜更かしなんかして体調を崩してしまうと、肝臓の働きが低下してアルコールを分解しづらくなる。

同じ量のお酒を飲んだはずなのに、二日酔いになるときとならないときがあるのは、その日の体調が大きな要因

② 飲み会中

飲み会前、中、後のどの段階でも水は大切

お酒の合間には、水やノンアルコール飲料を飲むこと。アルコールによる胃への刺激を和らげ、また、酔いが回る速度を緩やかにし 深酔いしにくくなるという効果がある。

特に、アルコール度数の高いお酒は必ず水やお茶などで薄めて飲むようにしましょう。

また、お水に加え、グレープフルーツジュースも効果的。ビタミンCやクエン酸が多く含まれており、肝機能を高める効果がありるため、おすすめです。

グレープフルーツジュースは飲み放題に含まれていることも多いのでは?

1 2