1. まとめトップ

福島原発の現状がヤバすぎる!放射能漏れがコントロール不能の原発事故!東京オリンピック中止しよう!

福島原発の状況は、東電が発表するのを国民が信用しておらず、放射能漏れが更に進んでいるのではないかと見られています。特に4号機などは、深刻なメルトダウンが起こった可能性が高いですが、コントロール不可能な状況で、2020年東京オリンピックを中止すべきとの意見も出ています。

更新日: 2018年09月14日

14 お気に入り 982523 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆東京オリンピックを強行する陰で苦しむ福島

今でも仮設住宅で暮らしている人が数多くいます。オリンピックの選手村を作る前に、仮設住宅の問題を何とかすべきでしょう。

私は東電社員のうちに言っておきたい。 原発は人の手に負えない。 原爆と同じロジックで核分裂させてエネルギーを得る。 爆弾ではないが、原発の前に人は無力だ。 あれだけのことがあったのだから 脱原発を唱える社員がいても良いと思う。 pic.twitter.com/m1dJVdskMI

日本において、チェルノブイリ以下の避難基準が設定されて、高濃度汚染地帯が『居住可能』とされました。

◆福島第一原発の現状

大丈夫だと政府が説明している4号機の内側も実態はヤバいという事です。

4号機の格納容器には、メルトダウンした 燃料が、たまっており、それは、人の力で どうにかなるものでもなく、「 メルトアウト 」 も、時間の問題 ・・・ ということになります。

東側は崩壊している上に、何か黒焦げになっているように見える。

◆メルトダウンが確定している福島原発

炉心が解けるメルトダウンが起こって、非常に高濃度のオンせ水が地下水と混じっていると考えられます。

4号機で何が起こっていたのかという事は、今でも分かっていません。

高濃度汚染水がタンクに蓄えられていますが、これは形だけで、ほとんどの汚染水は、海に放出されています。

◆無人地帯が増える福島東部

原発で被災した市町村の人口が大幅に減少しており、4つの町がほとんど無人となり、飯館村、葛尾村、楢葉町も人口ゼロになると予想されています。

若い人ほど移住する傾向にあり、高齢者ばかり残る結果となっています。

当初の原発避難範囲は、原発から20キロ~30キロが中心でした。放射性物質に汚染されて、20キロ圏内は、ほぼ無人地帯となりました。

国・東電がお金を支払わない為に避難区域の縮小を決定しました。

◆汚染地帯で暮らす子供たち

子供たち150人以上が子供の甲状腺がんになるという異常事態になっています。

手術を終えた116人の中で、良性結節だったのはたった1人にすぎず、112人が乳頭癌、3人低分化癌との診断です。つまり『悪性ないし悪性の疑い』のうち99%は、小児甲状腺癌でした。

福島原発の汚染は、東京まで広がりを見せています。

無人地帯となった福島原発の周辺

既に森のようになり始めています。

放射性物質が福島の田んぼに放置されています。

除染という名目で表面の土を取り除いて、それをビニール袋に入れて放置しています。

1 2