1. まとめトップ

プロペシア・フィンペシアは耐性ができるって本当?体験談まとめ

効果の高い育毛剤として知られるプロペシア・フィンペシア。「長年使っていると耐性ができ、効かなくなってくる」とも言われています。これって本当なのでしょうか?実際の体験談を集めてみました。

更新日: 2015年12月29日

hipopohipoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 6162 view
お気に入り追加

日本国内で処方されるプロペシアはMSD社から販売されていますので、MSD社にプロペシアには耐性ができるのか?について直接聞いてみました!

MSD社の回答は、

耐性について報告された文献は、これまでのところありません。

お医者さんも、

①「耐性はある」派

僕自身はミノタブとフィナステリドを同時に服用し始めたんですが、1、2年目はひたすら増加傾向、3年目からは効果が緩やかになり…4年目には現状維持がやっとといった経過でした。

季節によっては抜け毛も目立ち始め、最終的には飲まないよりは飲んだ方がマシ?程度の状態まで落ちぶれちゃったんですね。

②「耐性はない」派

プロペシアを8年飲み続けているけど耐性を感じたことはありません!

プロペシアを6年間使用した頭頂部

③「効き目は鈍るけど、効果はある」派

(効き目は鈍るけど)

抜け毛の増加が何日も続き、「あれ、ひょっとして効かなくなってきた?」と不安に思ったこともあります。

(効果はある)

プロペシアを6年間使い、その後フィンペシアを使って1年になりますが、薄毛は改善され、そのままの状態を維持することができています。

プロペシアを6年間、フィンペシアを1年間使用した頭頂部

フィンペシアが「効かなくなった??」と思うくらいに抜け毛が多くなる時(時期?)があります。それでも全体的に間違いなく増えているのですが。

フィナステリド系医薬品のプロペシアやそのジェネリック薬は“育毛”の薬ではなく“脱毛を防ぐ”薬だということ。

プロペシア・フィンペシアでは、ある一定レベルで薄毛の改善が止まる。それは、抜け毛を止めるのが主な効果であり、発毛効果はあまり強くないためである。

重要な点は毛量の軽度の低下が起こったとしても、そこで「年齢相応の毛量が維持できているかどうか」ということです。

プロペシア・フィンペシアの効果に期待し過ぎることが、「耐性ができた。」と感じられる原因みたいです。

耐性について、あまり心配する必要はないみたいですね。

1





hipopohipoさん