1. まとめトップ

知ってた!?じつはルイ・ヴィトンのモノグラムは日本の家紋だった

みんな大好きルイ・ヴィトン。このルイ・ヴィトンのモノグラム、実は日本の家紋をモチーフにしたものだったのです。

更新日: 2015年12月30日

2 お気に入り 8746 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

誰もが知っているルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)はフランスのラグジュアリーブランド

1854年、ルイ・ヴィトンが世界初の旅行鞄専門店を創業

ルイ・ヴィトンが日本に本格的に入ってきたのは、モノグラム誕生からおよそ80が経過した1978年

日本では一部のセレブの間でしか知られていなかったルイ・ヴィトンという世界の一流ブランドが、多くの日本人の知るところとなった

モノグラムにまつわる雑学

1867年に開かれたパリ万国博覧会には徳川家とともに薩摩藩が参加していた

この時の日本の出展物の中に島津家の家紋の入った品があり、それを見たルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の関係者らが、家紋をヒントにモノグラムのデザインを考えたといわれています。

モノグラムの柄で、丸の中に星がデザインされたマークは、薩摩藩、島津家の家紋からとったものだそうです。

1