1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

■ 4年ぶりに特別企画枠でNHK紅白復帰を果たす小林幸子!

現在、小林幸子は若いネットユーザーに人気が高く「ラスボス」と呼ばれ親しまれている。紅白から姿を消して以降、ニコニコ動画やコミックマーケットなどを積極的に活用し、新たなファン層を獲得している

4年ぶりの出場となる紅白への思いを尋ねられると「紅白は本当に、日本一の素晴らしいバラエティステージですね。離れていたからこそよくわかります」とコメント。

最近では「ラスボス」という呼び名も定着。

■ 10月28日には、しょこたんとコラボして新曲もリリースしている!

元祖オタクアイドルの中川翔子と『しょこたん さっちゃん』というユニットを組み、10月28日に新曲も発売している。

小林は、今年5月に実施された、中川の30歳のバースデーライブにもかけつけ、共演していたが、本格的なコラボは初めて。

中野ブロードウェイ創立50周年には「しょこたん❤さっちゃん」による記念看板が設置された。

“ヒャダイン”こと前山田健一が作詞・作曲を担当。またタイアップとして、スクウェア・エニックスが手掛けるスマホゲームアプリ 超・大軍勢RPG「無限∞ナイツ」コラボソングになることが決定

かねてから交流があった。小林はこのコラボレーションについて「今回のオファーを頂いたときは『これは絶対にやるしかない! こんなに楽しいことはないだろう!』と嬉しかったです」とコメントしている。

■ そんな彼女が紅白で披露するのはボカロ曲として有名な「千本桜」

特別出演枠で4年ぶりに出場する小林幸子が「千本桜」を熱唱する。

「千本桜」は、歌声合成技術・応用ソフトウェア「VOCALOID(ボーカロイド)」シリーズの「初音ミク」を使用した楽曲で、黒うさPが作詞・作曲などを手掛けた。

動画共有サービス「ニコニコ動画」に投稿された映像などを通じてファンから高い支持を得ている。

「ネットユーザーの方々にこれだけ愛されている曲があるということ」を歌声を通して伝えたいと言い、「"小林幸子"なりの『千本桜』を」と気合十分。

8年前は「そのうち初音ミクが紅白に出るんじゃないの?」とか言っていたけど、「小林幸子がボーカロイドになったうえ、紅白で初音ミクをカバー」という斜め上の未来を僕たちは生きている

そして毎年話題となっていた巨大衣装については

■ 総重量が5トン、100人体制で制作された衣装になるという!

ブログでは衣装の一部を公開。白が基調の衣装なんですね。

今日はちょっとだけ衣装の生地など一部を初めて公開しちゃいます」とコメント、「千本桜」ということで、桜がモチーフで白を基調にしていることを明らかにした。

メディアでは小林幸子さんの後ろから巨大衣装「メガ幸子」が登場すると報道されています。

今回の衣装は総重量が5トン、高さは9メートル(小林幸子本人がせり上がるのは5・5メートル)、幅は7・2メートルという巨大さ

「今回話をいただいて衣装の制作スタッフも、ほとんど不眠不休で作業しています。紅白によく出させてもらっていたときからずっと同じメンバーなんですが、今回は新しいメンバーが加わって、関わった人は合計すると100人以上になります」と、小林組が総力を挙げた衣装

■ そんな巨大衣装「メガ幸子」が、リハーサル中に故障!ぶっつけ本番となってしまった!

1 2 3





chat01574さん