マークやデザインを特注にするとどうしても費用がかかってしまいます。
なので一般的なデザインをそのまま使うのが一番です。
どこのメーカーもプロ野球、MLBのチームのユニフォームのデザインはあります。
一般的なデザインのユニフォームを使っていれば、もしネットで見つけた格安メーカーが潰れてしまっても、他のメーカーでも同じものを作ることができます。
マークやチームのイニシャルまで同じであれば、プロの球場などで売っている帽子をそのまま使うこともできます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

草野球チームのユニフォームを格安で作る方法

草野球のユニフォームを安く作るために、方法とメーカーをまとめてみました。これから草野球のユニフォームを作るチームの参考になればと思います。

このまとめを見る