1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

月に10万円ほどの生活保護費を全額手渡したのに、それに見合うサービスが受けられなかったなどとして、埼玉県の宿泊施設に入居した男性2人が施設の運営会社の社長などに損害賠償を求めた裁判で、裁判所は会社側の責任を認め、合わせておよそ1500万円を支払うよう命じる判決を言い渡しました。
路上などで生活していた76歳と68歳の男性は、さいたま市の宿泊施設に入居していた平成17年から22年にかけて、月に10万円ほどの生活保護費を全額手渡したのに、食事をレトルト食品で済ますなど、それに見合うサービスを受けることができなかったなどとして、施設の運営会社「ユニティー」の社長などに、合わせておよそ2700万円の損害賠償を支払うよう求めていました。
1日の判決で、さいたま地方裁判所の脇由紀裁判長は「生活保護費を全額徴収しながら、最低限度の生活水準に満たないサービスしか提供せず違法性は高い」と指摘し、元社長に対し、合わせておよそ1580万円の支払いを命じました。

所有物件に住まわせていた男性3人の生活保護費を着服したとして、相模原市緑区の不動産会社社長の男の被告(62)(詐欺罪などで起訴)が31日、業務上横領容疑で県警に逮捕された。 被告の物件には、ほかにも多くの生活保護受給者が居住。住人たちは取材に、「訳が分からないうちに金銭管理契約をさせられた」などと語った。県警は、生活困窮者を集めて保護費を搾取する「貧困ビジネス」を行っていたとみて調べを進めている。 「俺の物件に入れば、すぐにでも生活保護費をもらえるよ」。同市の公園で、元ホームレスの男性(59)が被告に誘われたのは4年前の春。「手持金が無くても入居できます」。そんなチラシを渡された。 被告に連れられて、その日のうちに市役所で生活保護を申請。被告は手続きに詳しく、「早くしろよ」などと職員をまくし立てていたという。 別の元ホームレス男性(62)は入居時、被告の指示で、複数の書類に署名させられたと証言する

「読めない速さで、どんどん紙を出され、ハンコは向こう(被告)が押していた。その中に金銭管理契約書もあったのだと思う」 住む場所は得られたものの、月約7万6000円の保護費は全て管理され、週に5000円を「生活費」として渡された。服は買えず、散髪も無理。スーパーの特売日にカップ麺やレトルト食品をまとめ買いし、少しずつ食べた。 被告に抗議したが、「アパートの管理費は月2万5000円」「第2の敷金」などと言われ、お金はもらえなかった。「生活保護というのは最低限の生活だ。1食100円でいいだろ」と、すごまれたこともあったという。 「生活保護の仕組みをよく知らず、つけ込まれたのだと思うが、『最低限の生活』をする者から金を搾り取るなんて……」。

「ふとんで年を越したい…」急増する「見えない貧困」、恐怖の年末年始がやってきた(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2015… #Yahooニュース

ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略 ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略 ウォートン経営戦略シリーズ bit.ly/1akB0ue

さいたま市は今月16日、宗教法人善弘寺分院宗永寺(本部・東京都足立区)が運営する同市岩槻区鹿室の無届け施設について、新たな利用者を制限する行政処分を行った。同市の「貧困ビジネス」を規制する条例に基づく行政処分は初めて。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-…

生活保護費約12万9千円は、支給日に施設に「没収」される。そこから平均して6千円~9千円が手渡されるほかに、一日に千円が支給される。男性は「昼飯を買い、一日中部屋でテレビを見る生

トラックで大量の家電や家具などを運んだという。働いた報酬として一日に千円が渡されることもあった。

1