1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

あの名作も?『この世界の片隅に』の監督の作品が意外!

話題の映画『この世界の片隅に』の片渕須直監督の作品が良作揃い。しかもあの映画やゲームに関わっていたとは驚きです。

更新日: 2017年02月02日

arroz7さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
105 お気に入り 113054 view
お気に入り追加

快進撃を続ける映画『この世界の片隅に』

本作の人気の沸騰ぶりは尋常ではない。事前に作品を観た著名人や批評家らが軒並み絶賛してネットに拡散。Twitterでは一週間の投稿数が3万5,000件を超えた。

東京のミニシアター、テアトル新宿では売り切れ、立ち見が相次ぎ、過去10年の週間興収で最高記録を打ち立てた。

はっ!?なにこれ!この世界の片隅にがYahoo映画で4,5ついてるやん!今まで4,5ついてる映画見たことねーぞ! pic.twitter.com/9pJvaVeTkz

評価2073件の時点で4.55/5点、Filmarksでは2617件の時点で平均4.5/5点、という前代未聞の高評価に

『この世界の片隅に』がキネ旬レビュアーで全員★5つの快挙!何十年も読んでるけど、こんなことめったにないですから! キネマ旬報映画レビュアーによる新作映画20本のレビュー kinenote.com/main/feature/r…

キネマ旬報でオール5点の快挙を達成

この世界の片隅に、二週連続ベスト10入りは凄いな 東京テアトル配給の映画でこれは凄いよ

監督の『片渕須直(かたぶちすなお)』とは

片渕 須直(かたぶち すなお、男性、1960年8月10日 - )は、日本のアニメーション監督、脚本家。日本大学芸術学部映画学科出身。

特別講師として来た宮崎駿と出会い、在学中から宮崎の作品に脚本家として参加する。

宮崎駿が他人の脚本で監督したのは『未来少年コナン』『カリオストロの城』『名探偵ホームズ』の3作のみ。その一本『ホームズ』の脚本を大学生ながら担当したのが片渕須直!その片渕監督の新作が『この世界の片隅に』!  #この世界の片隅に

1984年 名探偵ホームズ 4,5,9,10話(脚本・演出補)

コナン・ドイルの「名探偵ホームズ」の登場人物を犬に置き換え、宮崎駿がスタジオジブリ設立以前に監督を手掛けたTVアニメのBOX。パイプがトレードマークの名探偵・ホームズが助手のワトソンと共に難事件を解決する。全26話を収録。5枚組。
「キネマ旬報社」データベースより

『シャーロック・ホームズシリーズ』を原作にしたテレビアニメ。

原作から登場人物と舞台を借りてはいるが、ほぼオリジナル・ストーリーとなっている。

宮崎駿はこの作品には演出・監督として制作に参加していたが、6本のエピソードが制作された時点で作業が中断されてしまう。

だが1984年の『風の谷のナウシカ』公開時に「青い紅玉」「海底の財宝」の2エピソードが同時上映されることで陽の目を浴び、制作は再開。同年11月にはテレビ放映が開始された。

5話の『青い紅玉(ルビー)』と9話の『海底の財宝』が劇場で公開。

宮崎駿作品で一番好きな『名探偵ホームズ 青い紅玉の巻」(俺にしてみりゃ、ナウシカはこれの同時上映)の脚本を書いた人が、30余年の時を経て、『この世界の片隅に』を届けてくれた。本当に感慨深い。片渕須直監督、重ね重ね、本当にありがとうございます。 #この世界の片隅にぶちええ

テレ玉名探偵ホームズ再放送「海底の財宝」 宮崎駿監督回。見所は沈む軍艦から脱出する際詰まるワトソンと引っこ抜くホームズ…。演技が細かいよう。あとやっぱり片渕須直さん脚本のスマイリーは超カワイイ。次回はハドソンさん回〜〜!! pic.twitter.com/rBgAOA3FXm

1989年 魔女の宅急便(演出補)

13歳の魔女・キキの修行と旅と、そこで出会う人々との交流を描いた宮崎駿監督による長編アニメ。黒猫・ジジと共に海辺の町・コリコにたどり着いたキキは、空飛ぶ宅急便を仕事にする。ある日、キキは自分の空を飛ぶ能力が弱まっていることに気付き…。
「キネマ旬報社」データベースより

1989年、『魔女の宅急便』では当初監督として準備班を指揮した後、宮崎の現場復帰に伴い演出補に退いた。

知らなかった。片渕監督は魔女の宅急便を監督するはずだったのか。

今日、会社で聞いた話。魔女の宅急便の監督は、企画立ち上げ当初は宮﨑駿ではなく、片渕須直さんという方だったらしい。ブラックラグーンの監督の人。スポンサーから「宮﨑駿監督作品」とつかない映画に出資できない と言われてやむなく降板したんだと。無念。

WEBアニメスタイル | β運動の岸辺で[片渕須直]第46回 ふたつの映画の狭間で / style.fm/as/05_column/k… これは魔女の宅急便の監督をやるはずだった片渕監督かトトロのセル画を売って取材旅行にいく話だが、二人の考えの違いを表していて面白い

RTなんと!ジブリ作品で自分的NO1は魔女の宅急便であることに、今までなんとなく疎外感を持っていたのだが、謎が解けた。 自分は片渕氏が好きだったんだ。

1 2 3 4





arroz7さん