負債は約4兆8000億円ですので、最終的に同社の自己資本比率は10%を切る計算です。東芝のような重電メーカーは、製品が納入されるまでの期間が長いですから、相対的に厚い自己資本を用意する必要があります。

出典東芝巨額赤字計上、経営は維持できるのか? 不正会計問題は新たな局面へ | THE PAGE(ザ・ページ)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

東芝が粉飾決算で大ピンチ!米ウェスチングハウス買収の原発ビジネスで多額の損失!東芝の経営破たん目前

東芝が粉飾決算によって危機的な状況になっています。米ウェスチングハウス買収した原発ビジネスにおいて、多額の損失を出していたにも関わらず、それを隠し続けてきたというのです。家電事業などもうまくいっておらず、ダブルパンチで東芝は倒産危機にさらされています。

このまとめを見る