1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「ねじ」に「朝礼」に「石」...マニアックな業界誌が奥深すぎる

雑誌が売れないと言われる昨今。一方で、とんでもなくマニアックな雑誌があることをご存知でしょうか?その世界がとんでもなくディープなんです。

更新日: 2016年01月03日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
58 お気に入り 31423 view
お気に入り追加

雑誌が売れないと言われる昨今

新聞やテレビがさかんに「出版不況」ということばを使って報道している

雑誌が売れない時代と言われるなか、2014年の今年も実にさまざまな雑誌が休刊となりました

一方で、とんでもなくマニアックな雑誌があることをご存知でしょうか?

専門誌というのは簡単にいうとジャンル特化の業界向けのマニアックな新聞や雑誌のこと

先日、めざましテレビを見てたら面白い特集をやってました。
あまり知られてない専門誌の特集だったんですが、それがなかなか興味深い話題でしてね

マスではなく、コアに向けて情報発信していることが、雑誌存続の理由といえるのではないだろうか

ねじの世界

月刊住職

興山舎が発行する、住職・僧侶など仏教系関係者向け雑誌『月刊住職』

特集説明の一文が「肉親の骨をゆうパックで送るな!」と強い調子になっており、それで注目されているようです

女教師ツーウェイ

誌名だけで魅かれてしまうのが、1998年から2014年まで81号が発行された『女教師ツーウェイ』

『月刊朝礼』は社員の「心の在り方」を育て、「誠実な人材」を育成するための教科書です

月刊朝礼

この世に“野宿業界”なんてギョーカイがあるかは知りませんが、文字通り、野宿が好きな方たちに向けた専門誌であります

意識高い系とか女子力アップとか自分を磨いて高めたい人が多いこのご時世にあえてこれって……バ、バカなの!?

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう