1. まとめトップ

なんだか怪しい「立花孝志」と「NHKから国民を守る党」

NHKの受信料のことをネットで調べると目にするのが「立花孝志」氏であり「NHKから国民を守る党」という奇妙な政治団体です。ネット上では、偏ったり断片的な情報しかないので、ネット上の公開情報と独自に調べた内容をまとめました。調べれば調べるほどやばそうな集団です。関わる場合はご用心ください。

更新日: 2018年07月18日

55 お気に入り 1070510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

TTWatchersさん

連戦連敗&勝算ゼロ「闘ってるポーズ」・自信満々の20年時効は最高裁ではあっさり棄却で終了

立花氏はごまかしてますし、最近知った方は知らないでしょうが、自信満々で不払い20年は勝てるとぶち上げていました。まぁ20年払ってないのであれば立花氏に頼る必要もないはずですが・・去年の3月の動画。笑えるので再掲します

立花氏が自信満々で「不払い20年はチャラになる」と去年の都知事選前にぶち上げ、落選後は一時売りにしていました。ところが出たはずの判決に関して立花氏は「だんまり」都合が悪い判決が出たんでしょうね。立花氏を信じて協力した20年不払いの人。NHKに反訴されて5年分は支払ったのか?気になります。あとおまけで、この時点ではイラネッチケーを思いっきり「否定」しているのがオモシロい

高裁で敗訴すると立花氏がごまかすやり方です。余ほどの争点がない限り逆転は難しいでしょう。要は時間稼ぎです。最高裁で結論が出るまでは、NHKと闘っているポーズが取れます。高裁で4つも負けている事例が最高裁で覆ることはほぼありません。元々ワンセグだけで契約なんて集金人も殆ど気にしてなかった論点をわざわざ掘り起こしてNHKに有利な事例を引き出した罪は重いです。立花氏に載せられてワンセグ裁判の原告になった人たちの苦労なんて気にもかけてないのが立花氏です。協力すると馬鹿を見ますのでご注意ください。
https://www.bengo4.com/internet/n_8084/

やはりエセジャーナリストだった立花氏。裁判の過程で’憶測’垂れ流しを事実上認める。

告発され苦し紛れと注目を集めるために無理矢理、渡辺市議が、森友学園の事件と関係あるかのような'憶測’を垂れ流した件、裁判では客観的に主張ができないと判断して、事実関係を争わないことにしたようです。記者としての基本的な能力も実績もないど素人が「ジャーナリスト」気取りで「自称」してたわけですから、当たり前ですね。立花氏はNHKに勤務していましたが、庶務業務がメインで、たまに記者に手伝いのパシリをしていただけの人物です。みなさん、騙されないように注意してください。

立花氏・大橋氏 ふたたび路上での暴行事件をやらかす

出典note.mu

以前西東京で「監禁暴行事件」をやらかし、東京地検の取り調べを受けた立花氏、やっぱり我慢できなくなってやってしまいましたね。結局、都合の悪いことは、こうした頭の悪いやり方でしか対処できないということです。
被害に遭われた方が、被害届を出せば、立花氏、相当まずいことになるのではないでしょうか??なにせ2度目です。

立花氏の協力者、2人目が裁判に巻き込まれる

立花氏が、以前、NHKに嫌がらせ訴訟をしていた件で、訴権の濫用とされ、54万円の賠償請求を立花氏と協力した女性に支払い命令がなされました。しかし、これだけではありませんでした。再びNHKが同様のロジックで54万円の賠償請求をしてきたようです。
立花氏はぶち切れて、担当弁護士を懲戒請求すると息巻いていますが、当方の見立てでは、この懲戒請求も「嫌がらせ」にあたるので、将来損害賠償請求されるでしょうね。

立花氏はこれまでも嫌がらせ提訴をNHKに対して行っており、その大半は、立花氏にうまいこと載せられて提訴したモノです。これまで立花氏に載せられて、NHKを訴えた人は無数におり、NHKがその協力者も巻き込んで立花氏を訴えることを始めたようです。さて、どこまで訴訟が続くことやら。前回の敗訴案件では女性が巻き込まれていました。今回も、協力者に訴状が届いている可能性が高いのですが、立花氏は今回の動画で、全く触れていません。
立花氏の口車に乗ってNHKを訴える場合はご注意下さい。

ちなみに前回、女性を巻き込んでしまった裁判の敗訴の件はこちらです。
https://matome.naver.jp/odai/2145178990742079201/2151265877403173003

区議としてNHK問題は なにもしてない立花氏 歳費でメシウマ生活

NHKではなく自分の評判をぶっ壊した立花氏

NHKとの裁判で、頼みの大橋氏のワンセグ裁判を高裁でひっくり返され、レオパレスもイラネッチケーも惨敗で2年前に「NHKを潰すネタ」としていた3ネタが全て見込みがなくなりました。結果、「NHK解約」という立花氏が昔の全否定していた手法で関心を引きつけるしかなくなりネタ切れ感があった立花氏ですが、なんと籠池氏のネタに首を突っ込みアッキーにすり寄るという何も考えない行動をとり、その流れで菅野完氏との電話をネット流すという自爆行為に出ました。ネットでは立花氏を批判する声が4月から急増。NHK以外のネタに首を突っ込むと、ど素人+事実確認ができない自称ジャーナリストなので目も当てられません。これでも信者の皆さん、こんな怪しい人物についていくのですか?

立花氏が自分でアップしたのち、あまりのみっともなさに、自分で削除した動画をネット民の方がキープしてくださってくれています、上記の記事はこれを元に書かれています。

立花氏東京地検→大阪で再捜査(3度目の不起訴に)

5月31日 渡辺議員が不起訴だったと報告。残るは民事の反訴ですね。渡辺氏は民事は意地でも金を取るでしょうね。http://w-shingo.com/archives/blog/1476

渡辺市議の名誉毀損の告訴で動きが、立花氏の嫌がらせ裁判も動き出すようで町田市議選での喜びもつかの間、いつもの強がりコメントが飛び出すか楽しみですね
http://w-shingo.com/archives/blog/1468
1回目・弁護士法違反 2回目西東京・逮捕監禁事件に次ぐ3回目ですね。これまで「起訴猶予」で逃げてますがさて今回は・・(^_^;)
このブログが出てから立花氏は沈黙したままです。
(追記)13日になってようやくコメントしたかと思ったら、200万円の名誉毀損裁判を新たに起こされていることが判明。知ってる人は知ってるブーメラン(笑)

(3月19日追記)
渡辺市議の続報です。http://w-shingo.com/archives/blog/1470
===================================
名誉棄損の告訴に関して、東京地検から大阪地検に差し戻されました。再度、大阪で捜査されるそうです。立花氏はユーチューブで、巨大な権力が私を潰そうとしている様な演出をされて、支持者の同情をかうような発言をされてましたが、維新は立花氏を相手にはしておらず、すべて私個人が闘っているのです。
荒唐無稽な発言を繰り返しておられますが、今回の発言もしっかり証拠として残し、弁護士と相談しながら、今後の展開を考えて行きます。
=====================================
現在も、維新に狙われてるとか言い出して、安部昭恵さんにすり寄った方が、維新には対抗できるとか妄想で考えているのでしょうね。NHKやめた後も、自分はNHKに殺される。大相撲でヤクザとつながっているから・・何かあれば・・・と言い出して早10年です(笑)
この辺全く成長してないですね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9