1. まとめトップ

なんだか怪しい「立花孝志」と「NHKから国民を守る党」

NHK・受信料のを調べると目にするのが「立花孝志」氏であり「NHKから国民を守る党」という奇妙な政治団体。ネット上では、偏ったり断片的な情報しかないので、公開情報と独自に調べた内容をまとめました。調べれば調べるほどやばそうな集団です。なお立花氏は、裁判に負けて受信料をNHKに支払っています。

更新日: 2020年04月09日

72 お気に入り 1948142 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

TTWatchersさん

立花氏6回目の書類送検→在宅起訴(2020年4月9日)公判に注目

二瓶氏への脅迫・NHKへの威力業務妨害・不正競争防止法と3つの罪での起訴のようです。
立花氏は「不正競争」については当初もっていたら罪になりますといわれ認める方向でしたが、
書類送検された途端に「否認」に転じたようです。以下NHKニュース引用です
=======================================
N国 立花孝志党首を在宅起訴 04月09日 17時17分(NHKニュースから引用)

(前略)
東京地方検察庁によりますと立花党首は、去年9月、都内で受信料の契約・収納業務の委託先会社の元社員に専用端末を操作させて画面を撮影し、受信料の契約者情報50件を不正に取得したとして、不正競争防止法違反の罪に問われています。

さらに去年11月「個人情報をまき散らしていいか」「会長と話したい」などと言って契約者情報をインターネット上に拡散させると脅し、NHKの業務を妨害したとして威力業務妨害の罪に問われています。

また立花党首に契約者情報を不正に見せたとして、委託先会社の元社員、高久了被告(26)も不正競争防止法違反の罪で在宅起訴されました。

立花党首は、書類送検された7日記者会見を開き、威力業務妨害の容疑については認める一方、不正競争防止法違反の容疑については起訴されれば裁判で無罪を主張する方針を明らかにしています。

また立花党首は、去年7月インターネット上に投稿した動画の中でかつて党に所属していた東京の区議会議員に対し、「人生をつぶしに行く」などと脅したとして脅迫の罪でも在宅起訴されました。(後略)

懲りない立花氏、現在書類送検されている罪状が業務妨害ということですが、この程度の罪なので甘く見ているのかもしれません。【3年以下の懲役/50万円以下の罰金】
今後も続けると宣言しているので「反省の色なし」
それより気になるのは国会議員はやめているのにバッジをつけていること。
かつてNHKの社員証をやめた後もずっと見せびらかしていたことを思い出させます。

2019年12月2日に立花氏が自ら過去の書類送検をされた事件について説明している動画からキャプチャーしました。

立花氏の説明やこれまでの情報をもとにすると
1回目は、大阪でNHKから契約書を集金人から強奪した容疑(2013年1月) 
2回目は弁護士法違反。受信料安心保険と銘打って金を集めた非弁行為容疑。(2013年10月)
3回目は、東京都西東京市で集金人を取り囲んで暴行監禁した容疑(2016年1月)
4回目は、摂津の渡辺市議の名誉を毀損した容疑(2017年8月)
5回目は、中央区議の二瓶氏を動画上で脅迫した容疑(2019年9月)
6回目が、今回の威力業務妨害容疑(協力した集金人も不正競争防止法違反容疑で送検)    

特徴的なのでは
・取り調べでは、刑事や検事には、ひたすら平身低頭
・必ず「起訴して下さい」と検事にお願いする

これは起訴したら公判で戦うという姿勢を見せることで、罰金刑で片づけたい検察側の弱みを
見越しての戦術と私は見ています。今回これが司法当局相手に通用するのかどうかは注目ですね

【追記】4/9
NHKのニュースによると、威力業務妨害は認めるが、視聴者の個人情報を入手した不正競争防止法は否認する方針のようです。脅迫については言及していませんね。

N国党家宅捜査。立花氏事情聴取→容疑を全面的に認めた模様(3/14)

森友学園に8400万円寄付したとぶち上げたときは沢山の記者がいましたが、驚きですね。「立花のいうことなぞ聞いてもしょうがない」と言わんばかりの現象です。「これも政府の陰謀」なんでしょうか?信者の皆さん・・家宅捜索の会見から一転。立花さんの戸惑う表情が印象的です。

去年の11月18日に立花氏が公開。その後削除した動画です。集金人が端末を見せて立花氏が撮影をしている様子が動画に映っていました。集金人に関しては今後の捜査もあると思われるので顔の部分をぼかしています

記事を読むと以前、NHKの集金人で立花に協力していた人物が、端末の内容を立花氏に見せて解説。画面をyoutubeにUPしたり、会長に会わせないとナビタンの内容を公開するとNHKに対して要求していたことがありましたが、そのことが直接の原因だそうです。

【追記3月15日】
立花氏が昨晩、動画で全面的に認め罪を償うとしています。
https://www.youtube.com/watch?v=waN3UHJWXLc

【3月14日16時42分時事通信より引用】
N国関係先を家宅捜索 NHK契約情報、不正取得か―立花党首の任意聴取も・警視庁
NHKの放送受信契約に関する個人情報を不正に取得した疑いが強まったなどとして、警視庁が不正競争防止法違反と威力業務妨害の両容疑で、NHKから国民を守る党(N国)の関係先を家宅捜索したことが14日、分かった。N国の立花孝志党首(52)の関係者が、動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップロードした動画で明らかにした。

Niftyニュース https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12189-20162277336/

元タイトルは「国会議員がNHKから個人情報をもらっている証拠動画 12月4日までにNHKから連絡がない場合は、モザイクをはずして、個人情報を公開します。」というものでした。NHKから何らかの警告があったのか警察の動きを察知したのか、現在動画は立花氏のアカウントでは見つかりません。11月20日頃に保管しているので、その辺りに公開したモノではないかと思われます

N国党のコールセンターに家宅捜査が入った際に慌てて収録したモノのようです。「森友学園に関係したせいだ国家権力の圧力かもしれない」等、立花氏メチャクチャ勘違いしていますね。かなり動揺しているのはわかります。現在非公開になっているので、それを見たネットの方が運良く保管&復元したモノだそうです。
(オリジナルデータではないことはご承知おき下さい)

墜ちるとこまで墜ちたN国党・オウム残党とコラボ 離脱者続々

有権者をなめている「税金寄生政党」公費で「豪遊」

底が抜けたN国党の劣化行為「小学生かよ!」(ちだいさんの記事の後半に同意)

立花氏5度目の書類送検・公判を嫌がる検察は、どこまで踏み込むのか

過去の書類送検。ギリギリで切り抜けてます。検察が「公判で争う」というと書類送検になることを学習しています。なので起訴しろとわざと強調するわけですね。
実際は起訴されたら大慌てなわけですが

これまでの情報だと送検は5回目です。 1回目は、大阪でNHKから契約書を強奪した容疑。
2回目は弁護士法違反(非弁行為:受信料安心保険)容疑。3回目は、集金人を取り囲んで暴行監禁した容疑。4回目は、摂津の渡辺市議の名誉を毀損した容疑。5回目が今回の事件です。何度も言いますが、起訴してくれと立花氏が言っているのは、検察が公判を嫌がることを知っているからです。
公判で立花が色々主張して、万が一でも有罪に持ち込めない可能性がある場合に、不起訴にしがちであることを、これまでの経験で学習しているからです。さて今回は如何に

3回目の暴行監禁罪での起訴がいつまでたってもないので強気でしゃべっている立花氏

立花氏の嫌がらせ手法・裁判所が違法行為認定

社会のゆがみ?受信料問題に矮小化できない「立花現象」の深層

まもなく国会というのにNHKがらみのことは、ほったらかしで話題集めしか関心がないような立花氏。対談を受けない相手に「オレが怖いんだろう」と言い放つ幼稚性こそ立花氏の本質です。論理を組み立てる知識も思考の力もなく、その場しのぎの反射神経しかない言動は、劣化版トランプとも言えるでしょう。立花氏を「ぶっ壊す」のは簡単。マスコミが取り上げなければ良いのです。正面から放送法を改正の運動をしたり、NHKの問題点を国会で追及したりできれば良いのですが、過去の地方議員時代の言動から推察するに無能なようです。

1 2 3 4 5 ... 11 12