1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

くまナビさん

書道などによく使われる書体を簡単にまとめてみました

書道などで疲れているフォントをできるだけ簡単にまとめてみました、
これだけ読めば、基本的な話はできるようになると思います

篆書(てんしょ)

篆書は広義的には隷書が生まれるまでの文字のことを指します
しかし、現在篆書というと、秦の時代に生まれた小篆のことを指します。

いわゆる象形文字に近いフォントです

公式書体としての歴史は極めて短かったが、現在でも印章などに用いられることが多く、「古代文字」に分類される書体の中では最も息が長い

ハンコの多くは、この篆書体か隷書体です

篆書は文字としての美しさはありましたが、非常に複雑で、書くのが難しいことが難点でした。
そこで現場の役人たちが篆書を崩して書きやすくしたものが隷書です。ここからさらに草書、行書、楷書という3つの書体が生まれていきます

隷書(れいしょ)

隷書は篆書がより実用的になったもので、別名「八分」とも呼ばれています。「波磔」という波打つような左右のはらいと、横長の書体が特徴的です。

字体が篆書と異なり横長になったのは、記録媒体が柾目の木簡に変化したためで、柾目を横切る横画に大きな負担がかかるためである。木簡・竹簡・帛書に書く場合は少々右上がりの字体も見られるが、石碑に彫る場合には字全体は水平になるよう彫り師が修正する。

草書(そうしょ)

草書は隷書をさらに簡略化したものです。独特の崩し方をされているため、専門的な勉強をしないと読み解くことが困難で、書道以外で一般的に使用されることはほとんどありません。

また、日本には日本語の音を表現するために作られた「万葉仮名」と呼ばれる漢字があります。これを草書風に崩した文字は、草仮名と呼ばれています。

行書(ぎょうしょ)

行書も草書と同じく、隷書を簡略化したものです。抑揚を付けながら文字と文字の間を繋げて書くスタイルで、次の一画との間は離したり繋げたりが自由にできます。

草書と違う点は崩し方が独特ではなく、崩し方や省略の仕方にも一定の決まりがあるという点です。そのため草書と違って読み取りやすく、現在書道でも楷書と並んで習う人が多い書体です。

楷書(かいしょ)

現在もっとも一般的に使われている書体です。楷書の元となっているのは隷書ですが、基本的なスタイルは、草書の書体を崩さずに一画一画を丁寧に書いたものです。ただし、隷書よりも画数が少なく、整った形になっています。

おまけ

1