1. まとめトップ
  2. 雑学

いくらなんでもでかすぎ…世界中にある"巨大像"が色々と凄い

中国河南省の寒村に毛沢東の像が建立されました。なんと高さは36.6メートルにも達し、おまけに全身を金ぴかに塗られた超ド派手な毛沢東です。世界にはこんな巨大像がいくつも存在しています。民族の誇りを表現したものもあれば、何の為に造ったかよく分からないものまで、世界の巨大像をまとめてみました。

更新日: 2016年01月08日

74 お気に入り 104902 view
お気に入り追加

中国河南省の農村に超巨大金ぴか毛沢東像が登場

中国河南省の農村に「建国の父」と称される毛沢東の像が建立されました。毛沢東像そのものは中国各地にあるのですが、この像はなんと高さ36.6メートルにもなり、おまけに全身が金ぴかという前例にない派手なものです。中国国内にはさすがに下品すぎるのではないかとの声もあるようですが、地元住民は観光資源として有望視しているようです。

しかし、世界にはこれを上回る巨大像が数多く存在します。この毛沢東像の2倍以上もある金ぴか仏像や高さ200メートルを超える巨大仏像など、でかさと高さを追い求める人間の性をあらわすかのようです。

そんな世界の巨大像についてまとめてみました。

中国河南省の農村にこのほど、「建国の父」と称される毛沢東の像が建立された。

これまでは06年にチベット自治区に建てられた7.1メートルの像が最大だった。

地元の実業家や村人が出資して造られたという

香港メディア・星島日報などによると、この毛沢東像が確認されたのは、河南省通許県の朱氏崗村。

鉄筋コンクリート製で、ひざの上で両手を組みながら座っている姿。昨年3月に着工し、12月におおむね完成した。

表面は金色にコーティングされており、遠目から見ても毛沢東であることがハッキリとわかる像になっている。

国営メディアによると、300万元(約5400万円)の費用は実業家や地元住民らが出資した。

今後は観光客の誘致に利用していく方針だという

中国国内では像の建設を賞賛する声が多いようだが、一部にはその金ぴかぶりに恥ずかしいとの声も出ているようだ。

中国の短文投稿サイト「新浪微博(ウェイボ)」には、「なんと恥ずかしい」といった批判から「毛主席、万歳」と称賛する声まで、さまざまな反応が書き込まれた。

「大飢饉を忘れたのか?」といった批判的な書き込みがあるものの、寄せられているコメントの多くは像の建設を称賛するものだという

これだけ目を引く巨大像ともなれば観光資源としてはそれなりに役立つかもしれない

今後地元としては観光客の誘致などに積極的に役立てていく意向を示している。

しかし世界にはもっと巨大な像が…ロシアの「母なる祖国像」

巨大建築と言えばやはり共産国家なのかもしれません。ロシアにもこんな巨大像があります。

母なる祖国像(ロシア語: Скульптура «Родина-мать» )はロシア、ヴォルゴグラード(旧スターリングラード)のママエフの丘にスターリングラード攻防戦を記念して建てられた巨像

ママエフの丘はスターリングラード戦により多くの戦死者が出たため、平和の祈念を込めて建てられました。

剣の先端から台座の天面まで85mあり、1967年の建造時は世界一の巨像であった。

女性像だけでも52m高、剣の長さは33mに及ぶ。ママエフの丘には、200日に及んだスターリングラード攻防戦を象徴する200段の階段が備え付けられている

日本にもこんな巨大像が…「牛久大仏」

ギネス記録にも登録されている巨大仏像『牛久大仏』

茨城県牛久市にある大仏でギネスにも登録されている

1 2 3





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう