1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

加賀クリエイトだけじゃない…最近事業停止したゲーム会社

「加賀クリエイト」が12月31日をもって解散していたというニュース。考えてみるとイメージエポック、アプリカ、アートムーヴ、ウィンキーソフト、ネクストリーなど2015年に事業停止したゲーム会社は結構あります。

更新日: 2016年01月07日

36 お気に入り 79377 view
お気に入り追加

■加賀クリエイト、解散を発表

2015年12月31日をもって解散していた

解散の理由について同社は,「昨今のスマホアプリ中心のゲーム市場において弊社は大きな成長力を作り出すに至らず」としている。

■今さら聞けない「加賀クリエイト」

「ひぐらしのなく頃に粋」などを開発したゲーム会社。

「サマーカーニバル'92烈火」や「エイリアンクラッシュ」で知られるナグザットを源流とするゲームメーカー。

コンシューマゲームやソーシャルアプリを中心とするエンターテインメントコンテンツを展開。

「ひぐらしのなく頃に粋」や「咲-Saki-全国編」といったゲームソフトを手がけてきた

PlayStation Vita向けへのゲーム開発に明るい。

魔女こいにっき Dragon×Caravanが最後の作品になりそう。

昨年は2K Gamesの「EVOLVE」のPCパッケージ版の販売を手がけるなど、生き残りを模索していた。

しかし?

▼最近(ここ1年)事業停止したゲーム会社は多い

・5月:イメージエポック

セブンスドラゴンシリースなどを手がけた会社。意外な倒産っていう感じです。最新作セブンスドラゴンIIIは無事に発売されました。

イメージエポックは、2004年に創業し、2005年6月に株式会社化したゲーム開発会社。

「時と永遠~トキトワ~」「セブンスドラゴン」「ブラック★ロックシューター THE GAME」などのRPG作品の開発を手がけ、2011年9月期の年収入高は約17億5100万円を計上

ここ数年はヒット作を生み出せず、2015年に入ってからは、PlayStationでの過去タイトルの配信が終了し、公式サイトが消滅するなど、その動向が注目されていた。

関連会社の?

スマイルオンラインゲームはその事業内容については明らかになっていないが、イメージエポックに連鎖する形で行き詰まったとしている。

2014年11月には実質的な活動を停止しており、負債額は、同時に破産手続き開始となった関係会社の株式会社スマイルオンラインゲームとあわせて11億300万円にのぼるという。

・9月:アプリカ

9月1日、スマートフォンゲームの開発運営を手がける株式会社アプリカが事業を停止した。

モバイルゲームアプリを手がける開発会社として2010年に設立され、「バイオハザード アウトブレイク サバイヴ」や「唯一性ミリオンアーサー」など、国内大手のIPを使ったタイトルの開発を行なっていた。

2015年には?

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する