1. まとめトップ

過払い金を取り戻そう!弁護士事務所の選び方や手続き、手数料は?

過払い金とは払い過ぎた金利のことです。法律上の上限を超えた分の利息は請求することで取り戻すことができるのです。

更新日: 2016年01月07日

0 お気に入り 771 view
お気に入り追加

過払い金と弁護士

過払い金のことはインターネットやテレビなどでたくさん情報が提供されていますから、知らない人はいないでしょう。

もちろん、自分がその対象となっているかどうかはこれまでの借金の内容を調べてみなければわかりません。

まずは弁護士に相談することが確実ですが、相談するにしても自分で事前に調べておくことがあります。

それは過去の借金の支払い記録です。

過払い金請求には期限があります。

ずっと過去にさかのぼって請求することはできないのです。

また、弁護士事務所によっては無料相談窓口を設置しているところもあります。

過払い金請求をしても手数料などを取られて、手元に現金が残らないのでは意味がありません。

弁護士事務所を利用せずに自分で過払い金請求をする方法もあります。

インターネットで調べてみると、自分でやる人も多いのです。

ただ、過払い金が発生するほどの借金をしている人は法律に関する手続きを嫌う傾向があります。

面倒だと思ってしまうのです。

また、消費者金融との話し合いは避けたい気持ちが強いのです。

これまでどれだけ払い過ぎていたのか計算してもらえば、その額に驚くことでしょう。

苦しい中で借金返済をしてきたことが意味のないことに思えてしまうのです。

いずれにしても状況を正確に把握することが先決です。

その上で過払い金請求をすべきかどうか判断しましょう。

弁護士事務所がどこでも過払い金請求の手続きをやっているわけではありません。

得意不得意があるのです。

過払い金とは

テレビのCMなどでも弁護士事務所の過払い金請求のことが出てきますから、過払い金の意味は漠然とわかっているのではないでしょうか。

ここでは過払い金について詳しく説明しましょう。

もちろん、弁護士事務所で説明を受けることもできます。

過払い金とは払い過ぎた金利のことです。

法律上の上限を超えた分の利息は請求することで取り戻すことができるのです。

過去の取引履歴から規定以上の利息分を計算しなおします。

そして、その金額を提示して消費者金融業者と交渉することになります。

消費者金融業者はできるだけ返還したくないわけですが、裁判をすれば負けることがわかっていますから、こちらの言い分をそのまま受け入れる傾向にあります。

やくざ相手の交渉をイメージしているかもしれませんが、そんな心配はないのです。

弁護士に相談しなくても自分でできると言うのは事実でしょう。

もちろん、利息の計算は正しく行わなければなりません。

そこで間違いがあると、それを指摘されてしまいます。

弁護士が味方になっていると、その点が心強いのです。

普通の人は消費者金融業者と面と向かって話をしたこともないでしょう。

裁判の経験もないはずです。

ただ、過払い金の請求は法律改正に基づいて日本中で行われていることですから、難しく考えることはありません。

インターネットで必要事項をチェックしてください。

そして、その手続きに沿っていれば、間違うことはありません。

自分がどれだけ払ってきたかわからない場合でも業者はその明細を提示する義務があります。

過払い金の対応

過去の過払い金が請求できると言う判決が裁判で出されてから、多くの人が消費者金融に対して過払い金請求を行ってきました。

当初は弁護士事務所が手続きの代行をしていたのですが、最近ではその手数料がもったいないと思う人が増えています。

つまり弁護士に依頼せずに自分で過払い金請求を行うのです。

過払い金とは払い過ぎた借金の利息です。

お金を儲けるわけではなく、自分が払い過ぎた分を戻してもらうだけです。

たくさんの借金をしてきた人にとっては、その額はかなりの額になると言われています。

100万円以上もの返還を受けた人もいます。

ただ、過払い金請求の手続きには時効があります。

早目に対応することが大切です。

また、過払い金が問題となった時期以降の借金についてはよほどのことがない限り過払い金は発生していません。

弁護士の積極的な宣伝によって、対象となる人の多くの手続きは完了していると言われています。

これから過払い金請求をする人は少ないのです。

それでも弁護士事務所のホームページには、それらの募集広告がたくさん掲載されています。

弁護士の仕事として力を入れているところもあるのです。

もちろん、法律に詳しい弁護士は業者との交渉も的確に行ってくれるでしょう。

過払い金の請求をしたいけれども普段は仕事がある人にとって、手続きを代行してくれる弁護士は有益な存在なのです。

過払い金請求の期限が切れる時まで、この状況は変わらないでしょう。

弁護士事務所の宣伝にもなっています。

過払い金の原因

いわゆる過払い金とは法定金利のグレーゾーンの金利に対して、払い過ぎた分を取り戻す対応のことです。

消費者金融から借金をしたことがない人には関係ないのです。

過払い金、弁護士、返還、原因、収入

一般に消費者金融を利用する人の多くは過払い金が発生していると言われています。

消費者金業者が上限金利いっぱいの利息を請求してきたからです。

裁判で過払い金請求が有効であるとされてから、消費者金融業者も争わなくなりました。

勝ち目がないからです。

ただ、請求しなければ返還はしませんから、自分が該当する可能性があると思うなら、自ら進んで調べてもらうことが大切です。

弁護士事務所では無料相談を受け付けています。

過払い金を取り戻すことができた場合に弁護士に成功報酬を支払うのです。

その金額はたくさん借金をしていた人ほど多いと考えていいでしょう。

ただ、消費者金融からの借金はまともなお金ではないのかもしれません。

自分の収入に対して、借金の額が多すぎるため銀行などを利用できなくなっている人が利用しているからです。

クレジットカードでも収入による制限があります。

複数のクレジットカードを持っていても総枠での規制がかかります。

身の丈を知って、借金をしなければならないと言うことです。

生活のためと言うよりも遊びのために借金をしてきた人が少なくありません。

まともな生活をすることで消費者金融を利用せずに済みます。

過払い金はそんな自分の人生勉強のお金と考える人もいます。

返還されたお金を何に使うかが重要です。

過払い金と法律

過払い金が問題となったのは法律の解釈を消費者金融業者側の都合によって捻じ曲げていたことによります。

出資法では29.2%までが利息の上限です。

それに対して別の法律である利息制限法では18%までを上限としていました。

裁判により出資法の金利は違法とされ、18%から29.2%の分が過払い金として返還されることになります。

これが過払い金請求の根拠となる法律です。

弁護士事務所では積極的に過払い金請求を受け付けてきました。

現在でも過払い金請求はできますが、時効がありますから、早目の請求が重要です。

もっと詳しいことは弁護士事務所で相談するといいでしょう。

無料の相談窓口も設置されています。

弁護士に依頼すると高額な手数料を取られると思っている人が多いのですが、何もしなければ1円も戻ってきません。

それでいいわけはありません。

弁護士に払うお金は返還された過払い金の20%程度です。

弁護士に払う報酬が上回ることはありません。

いずれにしても今の状況を確認することが先決です。

これまで消費者金融を利用してきて、高い利息を払ってきた人はチェックすることが大切です。

大手の消費者金融であるアコム、レイク、プロミス、アイフルは請求に対してほぼ無条件で返還に応じています。

争うだけ無駄な作業が発生すると考えているからです。

ただ、闇で営業していた消費者金融との交渉は一般の人には難しいでしょう。

やくざまがいの担当者も多いからです。

そのように考えると弁護士にすべて任せた方が気は楽です。

過払い金の情報

過払い金の情報はインターネットだけではなく、テレビなどでも提供されています。

弁護士事務所の宣伝の一つとして過払い金請求代行があるからです。

もちろん、弁護士でなければ過払い金の手続きができないわけではありません。

一般の人でも所定の手続きを行えばいいのです。

ただ、そのためには消費者金融との交渉や借入の履歴情報収集などが必要です。

ほとんどの人には面倒な作業と思えますから、それでまた悩むよりも弁護士時に依頼した方が楽と言うことになります。

実際に自分にどれだけの過払い金があり、いくら戻ってくるのかがわからないならば、弁護士に依頼すべきかどうかも判断できません。

そのために弁護士事務所が開設しているサイトで無料相談を利用するのです。

携帯番号から過払い金の情報が簡単に収集できます。

インターネットで検索して見ればわかります。

大手消費者金融ならば、過払い金請求は素直に応じてくれるはずです。

争うだけ意味がないからです。

これまでどれだけの人が借金地獄を味わってきたのでしょうか。

法定利息以上の支払いを求められて、借金で首が回らなくなった人もいるでしょう。

これまで払い過ぎてきた分を取り戻すことができるのです。

情報を集めることだけでは意味がありません。

法律によって認められた正当な権利ですから、堂々と過払い金請求をしてください。

その後押しを弁護士がしてくれるのです。

そのための成功報酬を弁護士に支払うことになります。

過払い金を取り戻す

過払い金を取り戻すことはあなたにとってどれくらい重要でしょうか。

法定利息の上限を超えて払ってきた利息は取り戻すことができるのです。

ただ、そのためには過去の借金の記録を確認して、実際の過払い金を計算しなければなりません。

自分でやるのは大変ですから弁護士に依頼するのです。

過払い金請求をする仕組みは難しくありません。

しかし、日中は仕事をしている人にとって、借金の記録の収集や消費者金融との交渉は無理が多すぎます。

インターネットで調べてみると、自分で過払い金請求をする方法も見つかります。

理屈の上では弁護士でなくてもできることですが、誰にでもできるわけではないことを理解しましょう。

過払い金があるかどうかは弁護士事務所の無料相談サイトで簡単に調べてもらうことができます。

法律に関する手続きは弁護士などの専門家に任せた方がいいでしょう。

その分の手数料を支払うことがもったいないと思ってしまうのでしょうか。

自分でできることは自分でやると言う気持ちは誰にでもあります。

手数料を払うことが嫌になるのです。

特に弁護士に払う金額は決して安くありません。

一般には弁護士の成功報酬は金額の2割程度と言われています。

100万円の過払い金返還があったとして20万円にもなります。

ただ、そのために行わなければならない手続きは簡単ではないでしょう。

しっかりと考えてから結論を出してください。

慌てる必要はありませんが、過払い金請求の期限に注意しましょう。

過払い金と借金

過去の借金のことは思い出したくないと思う人は少なくないでしょう。

しかし、それを思い出せばお金が戻ってくるのですから、決して悪いことではありません。

過払い金請求のことです。

利息制限法の上限規定によって過払い金と呼ばれる利息の支払いが生じてきました。

あなたの借金が過払い金に該当するなら、請求しない手はないでしょう。

もちろん、手続きのすべてを自分でやるのではなく弁護士に手伝ってもらいましょう。

そのための成功報酬は2割程度です。

インターネットで検索して見ると、たくさんの弁護士事務所が出てきます。

過払い金請求手続きは弁護士事務所としても利益を得やすいのでしょう。

争いになる要素がないからです。

消費者金融側も過払い金請求に対してはさっさと手続きを終わらせたいと考えています。

ただ、借金の記録が明確ではない場合は支払いに難色を示すこともあります。

専門家である弁護士に任せた方が確実かつスムーズに手続きが済むのです。

借金をした方が悪いと言ってしまえば、それまでです。

しかし、高い金利の借金を努力して返済してきたのです。

それが払い過ぎだと分かったら、返してもらうことが筋と言えます。

過払い金請求は正当な権利なのです。

弁護士事務所ではそのための手続きを熟知しています。

手早く仕事をしてくれるはずです。

豊富な経験を持っている弁護士事務所を選ぶことが大切です。

戻ってこないとあきらめていたお金が戻ってくるのです。

それを喜ばない人はいません。

過払い金と弁護士事務所

弁護士事務所のホームページを見ると、過払い金請求の実績が大きく掲示されています。

過払い金請求の実績が弁護士事務所の価値を高めているのでしょう。

弁護士の仕事は裁判の弁護だけだと思っている人も少なくありませんが、それは弁護士と接する機会がほとんどないからです。

どのくらいの過払い金が回収されているのでしょうか。

ある弁護士事務所の例を見てみましょう。

何と一千億円以上の過払い金が回収されています。

もちろん、一人一人の返還額は数百万円かもしれませんが、全国で過払い金請求が行われていることを示しています。

弁護士の成功報酬は2割程度と言われています。

つまり、一千億円の2割で二十億円の利益を上げていることになります。

弁護士の給料は高いですから、それだけの利益を上げなければ事務所として成立しないのかもしれません。

過払い金請求の最盛期は過ぎていますが、まだまだ手続きは行われています。

多くの消費者金融が厳しい経営にさらされていると言われています。

それでも新たにしゃっきんをする人はいるのですから、今後も同じような問題は出てきます。

過払い金請求は弁護士の新しい仕事と言えるのです。

それ以前の弁護士事務所ではどのような仕事をしていたのでしょうか。

ほとんどホームページを見たことがないでしょう。

時代によって、借金を取り巻く状況は変わります。

お金は天下の周りものです。

平穏な生活を送るためにもお金のトラブルは避けたいものです。

過払い金の問い合わせ

自分のこれまでの借金で過払い金があるかどうかを調べる方法を紹介しましょう。

難しいことではありません。

弁護士事務所のホームページでは無料で過払い金のチェックをしてくれるのです。

問合せのための電話をする必要もありません。

過払い金は借金に付けられていた利息の割合と何年間借り入れをしていたかによって、おおよその有無が判断できます。

もちろん、正確な金額はきちんと計算しなければなりません。

ただ、過払い金がないか、あってもごくわずかであれば手続きをする必要もありません。

まずはインターネットで問い合わせをしましょう。

そこからです。

自分で過払い金の有無を判断する方法を紹介しましょう。

利息をいくら払っていたかがわかりますか。

過去の借入伝票などをチェックしてください。

18%を越えている場合は過払い金があります。

越えていなければ過払い金とはなりません。

消費者金融業者も過払い金が問題となった時期以降の貸し付けに対しては18%を越えないようにしているはずです。

まずは無料のフリーダイヤルで問い合わせをしてみましょう。

ただ、たくさんの借金をしていた人はどれくらいの利息が付いていたかわからなくなっていることでしょう。

金融業者には記録を取っておく義務がありますから、業者に問い合わせをします。

自分では無理だと思うなら弁護士に依頼してください。

手続きなども弁護士に依頼する人が多いようです。

どのような方法を取ってもかまいませんが、確実に過払い金を回収しましょう。

1 2





世の為、人様の為に役立つような『まとめサイト』を心がけております。少しでもお役に立てれば幸いです
http://xn--n8jp8064afdkcxg38lqtsyyn64kbym.net/

このまとめに参加する