「燃える氷」とよばれるメタンハイドレートは、メタンと水が結びついて結晶化した海底資源だ。

日本近海には、日本の天然ガス消費量の100年分にあたる埋蔵量があるという指摘もある。

出典『メタンハイドレート、山形・島根沖でも有望!日本は天然ガ... - Yahoo!知恵袋

四方を海に囲まれている日本にとっては宝の山ですね。早く実用化してほしいものです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

”メタンハイドレート”は日本のエネルギーの救世主になるか!!

殆どの資源を輸入に頼っている日本。エネルギーは自給率6%以下と極端に少く、輸入が出来なくなったら何も出来ない国になってしまいます。そこで海底に眠っている”燃える氷”と呼ばれるメタンハイドレートの活用が期待されています。その現状をまとめてみました。

このまとめを見る