今春以降に井戸の掘削に着手し、2017年1~3月に海底のメタンハイドレートから天然ガスを産出する予定だ。

深海の地下数百メートルまで井戸を掘り、地中の圧力を下げてメタンハイドレートを分解し、メタンガスをパイプで海上に運ぶ。今年4~6月をめどに井戸を掘削する。

出典海底メタン産出に再挑戦=愛知・三重沖、春にも井戸掘削―経産省 (時事通信) - Yahoo!ニュース

国もいよいよ本格化に採掘に取り組む事になるようです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

”メタンハイドレート”は日本のエネルギーの救世主になるか!!

殆どの資源を輸入に頼っている日本。エネルギーは自給率6%以下と極端に少く、輸入が出来なくなったら何も出来ない国になってしまいます。そこで海底に眠っている”燃える氷”と呼ばれるメタンハイドレートの活用が期待されています。その現状をまとめてみました。

このまとめを見る