1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

rerekonさん

シッティチャイ・シッソンピーノン Sitthichai Sitsongpeenong

国籍:タイ
生まれ:1991年9月23日(26歳)
階級:67~70
身長:174cm
所属ジム:シッソンピーノンジム
スタイル:ムエタイ

ルンピニースタジアムウェルター級王者
The Fight Leagueトーナメント2015、王者
GLORYライト級コンテンダートーナメント、2014王者 
トヨタカップウェルター級トーナメント、2013、2014王者
Nuit des Champions-63kgトーナメント、2010王者
クンルンファイト2015、-70キロトーナメント王者
GLORYライト級第三代王者

70キロ級では、久しぶりに現れた強豪若手タイ人選手

2010年のLa Nuit des Titansトーナメントで、ファビオ・ピンカ、アヌワットに勝利し優勝を飾った事で注目され始める

その後はタイのムエタイ興行で実績をつみあげていき、フランスやイタリアの興行にも頻繁に呼ばれる

2011年の7月23日から2013年の3月29にまでの間に、17連勝を記録、2013年4月20日のゴゴーヒア戦で苦杯をなめ記録はストップするも、その後また17連勝を記録

2015年5月2日のサルヴァドール戦で判定負けを喫し、連勝ストップ、自己ベスト更新とはならなかった

2015年の1月3日に、クンルンファイトトーナメントのグループA予選にエントリーされる

一回戦では2012年度のK-1MAX王者グローエンハートをハイキックで沈めKO、続く決勝戦では、K-1MAX2005、2007王者のアンディ・サワー相手に、膝蹴りでダウンを奪い判定勝ち、オランダの強豪二人を倒しての優勝となった

2015年の6月5日に、GLORYのコンテンダートーナメントにエントリーされる

一回戦では初代GLORY王者のキリアにKO勝ちし、続く決勝戦では、カナダの新鋭ジョンシーに判定勝ちを収め優勝、タイトルマッチ挑戦権を獲得
タイトルマッチ戦では遺恨を残す判定負けを喫する

ファイトスタイルは、距離をとり、ジャブ、ストレート、ロー、ミドル、膝をバランスよく出していき相手を中に入らせないスタイル、入ってきたら首相撲やクリンチで凌ぐ

相手もバランスのいいスタイルだと、攻め手に欠ける事がある

試合動画

最新の試合を上にもってきています

VS ティジャニ・ベスタティ(モロッコ、オランダ)

VS クリスチャン・バヤ(アンゴラ)

VS イー・ロン(中国)

VS ジャバル・アスケロフ(ロシア)

VS エンリコ・ケール(ドイツ)

VS ハサン・トイ(トルコ、オランダ)

VS ディラン・サルバドール(フランス)

VS マラット・グリゴリアン(アルメニア、ベルギー)

VS スーパーボーン・バンチャメーク(タイ)

VS ディオゴ・ネヴェス(ポルトガル)

VS ロビン・ファン・ロスマーレン(オランダ)

コンテンダートーナメントを勝ち上がり、ロスマーレンンと再びタイトルマッチ

1 2 3 4 5