1. まとめトップ

アンテナ取付けの費用

テレビを購入するとアンテナを取付けなければなりません。

家電店でテレビのサイズや機能ばかりを見ているのですが、実際に家に持ち込む時のことを考えておきましょう。

古いアンテナを取外し、新しいアンテナを取付けることになります。

マンションなどの場合は共同アンテナがありますから、取付け、取外しの手間は必要ないかもしれません。

ただ、そのことを事前にチェックしておかなければならないのです。

電気に詳しくない人はテレビを運び込めば、それだけですぐに観ることができると思っているようです。

最近はインターネットテレビなどもありますから、いくつかのパターンがあるのです。

アンテナなしでも観られるテレビが存在するのです。

もちろん、そのためには部屋の周囲にどのような仕掛けが必要なのかを知っておきましょう。

マンションを借りる時に調べておくことが大切です。

日常生活の中でテレビを観る機会はどれくらいありますか。

最近の傾向として、テレビよりもスマホがあればそれで十分だと思っている人もいます。

つまり、テレビなしで暮らすのです。

さて、どうしてもテレビが欲しくなりアンテナを取り付けなければならなくなったとして、その費用はいくらでしょうか。

意外と高いです。

2万円前後かかります。

もちろん、アンテナの位置によってはもっと費用がかかるかもしれません。

事前に下見をしてもらいましょう。

テレビは安く人から譲ってもらったとしても、アンテナ取付け費用が無視できなくなります。

アンテナ取付けと取外し

テレビは種類によって異なるアンテナを取付けなければなりません。

もちろん、古いアンテナがあればそれを利用してもいいのですが、取外して新しくつけた方が安心でしょう。

テレビアンテナは屋根の上で雨ざらし状態ですから、傷みが激しいのです。

さて、アンテナ取外しの前に取付けられている状況を写真に撮っておくことをおすすめします。

それは新しいアンテナを取付ける参考資料となるからです。

向きと高さが重要です。

アンテナの先端がどの角度になっているかを確認して、新しいアンテナを同じように取付けるのです。

自分で取付けるのが難しいと思うなら、専門業者に依頼してください。

高い屋根に上らなければならないケースも多いため、一般の人には難しいでしょう。

忘れていけないのはそのための費用が別途請求されることです。

テレビの購入価格には含まれていません。

もちろん、家電量販店の中にはセールなどでアンテナ取付け工事を含む場合もあります。

ただ、気軽に値引きできる費用ではありません。

2万円以上かかると考えておきましょう。

一度アンテナを取付けてしまえば、それは数十年使用できます。

そのために、最初にしっかりとした取付けをすることが大切です。

自分で適当に取付けて、台風などで飛んでしまい、近所に迷惑をかけると言ったトラブルにならないようにしてください。

屋根から落ちてくると、それは凶器となります。

怪我だけでは済まないのです。

費用は掛かりますが、安全を考えれば専門業者に依頼すべきです。

アンテナ取付けの注意

アンテナが何のためにあるのかを知らない人はいないかもしれませんが、取付け方を知っている人は多くありません。

自動車の仕組みを知らなくても車の運転はできるのと同じことです。

アンテナの取付けや取外しができなくてもテレビを観ることはできるのです。

もちろん、アンテナ取付けや取外しは専門の業者に依頼するので、自分がやることではないと最初から決めていることでしょう。

引越しの時に屋根の上に登っての取外しは誰でもできることではないでしょう。

取付ける時の注意事項としては向きがあります。

アンテナは電波を受けるのですから、電波が飛んでくる方向を向けなければいけません。

ただ、周りに高層ビルがある場合はテレビの画像を見ながら、最適な向きを探しましょう。

地上波だけではなくBSも受信するなら、それぞれのアンテナを付けなければなりません。

アンテナが入っていた段ボールに取付け要領が書かれているはずです。

自分で取付けられないなら専門業者に依頼してください。

一番注意すべきことは高いところからの落下です。

梯子で屋根の上に上らなければならないところもあります。

落ちたら大けがすることは間違いありません。

打ち所が悪ければ命の危険さえあるのです。

このように考えれば、1,2万円でアンテナを取付けてくれるサービスは決して高いとは言えません。

一度取付けたアンテナは長期にわたって、安定した映像を受信してくれます。

テレビが壊れたら買い替えればいいですが、アンテナはそのままでも再利用することができるでしょう。

アンテナの役割

テレビのアンテナが何のために必要なのか知っていますか。

感覚的にはわかっているかもしれませんが、ちょっと説明しましょう。

テレビ放送は東京タワーのような高い建物の先端から電波で送られます。

その電波を受けるのがアンテナです。

地上波とは地上のタワーから電波が出ています。

そしてBS放送は人工衛星から電波が出ているのです。

したがって、地上波とBS放送では電波が出る方向が違います。

それぞれにアンテナを取付けなければならないのです。

BS放送は地球から見た衛星の方向を向けるため、日本中どこでも同じような角度にすればいいのですが、地上波の場合は地域によってタワーの方角が異なります。

住んでいる地域に合わせた向きに取付けなければなりません。

自分でそれを理解している人は簡単かもしれませんが、よくわからない人は専門業者に依頼すべきです。

その方が確実にきれいな放送を受信できるからです。

また、屋根の上に取付けますから、一般の人が気軽にできる工事でもありません。

古いアンテナがあれば、本体を取外してケーブルは再利用すると言ったことも可能です。

その状況に合わせて業者に判断してもらいましょう。

ただ、新しいアンテナの方が安定した受信ができますから、古い部分は取外してすっきりさせることをおすすめします。

屋根に上るために高い梯子が必要です。

時には2人がかかりで作業をするかもしれません。

決して安い費用にはならないことは容易に想像できるでしょう。

アンテナと引越し

引越しをする時にはいろいろなものを片づけなければなりません。

そして新居でまた組み立てるのです。

テレビのアンテナも同じです。

壊さないようにアンテナを取外して、それを取付ける作業となります。

もちろん、自分でやれるかどうかは判断しましょう。

専門の業者に依頼することもできます。

電話で予約しておけば、きちんと作業をしてくれるはずです。

ただ、車で移動できない場所への引越しであれば、取外したアンテナは廃棄した方がいいかもしれません。

運送費がもったいないでしょう。

普通の家はテレビのアンテナが取付けられるように事前にケーブルを這わせておくことが一般的です。

もちろん、どの部屋にテレビを置くかは重要です。

事前にしっかりと計画しておくことが大切です。

自分で建てた家であれば、どこにテレビを置くかは事前に決めているはずです。

しかし、建売住宅やマンションの場合は施工主が決めていますから、自分が希望する部屋にはアンテナの取り口がないかもしれません。

隣の部屋からケーブルを引き回すことも悪くありませんが、できることなら部屋をすっきりしておきたいですね。

間取りによってはアンテナが取付けにくい場合もあるでしょう。

ただ、余程悪い地形でなければ、適当に取付けてもテレビは映るものです。

特にデジタルテレビになってからは、よりきれいに映るはずです。

専門の業者に依頼しておけば、取付けは間違いありません。

どこにテレビを置くかと言うことだけはしっかりと決めておくことです。

アンテナ取付けの予約

業者にアンテナ取付けや取外しを依頼する場合には、予約をするのが一般的です。

テレビと一緒にアンテナ取付けを依頼しましょう。

テレビの設置は運び込んでコンセントをつなぐだけですからすぐに終わります。

アンテナ取付けの方が時間はかかるのです。

もちろん、マンションなどでは事前に壁までケーブルが配線されていますから、アンテナ取付けの作業自体がありません。

取付けがないと言うことは引っ越しの際に取外す必要もありません。

お客が多い家電量販店であれば、テレビのアンテナ取付けの予約でいっぱいかもしれません。

時間が空き過ぎるのであれば、予約する店舗を変えた方がいいでしょう。

いずれにしても、どこの業者に依頼してもアンテナ取付けは確実にやってくれるはずです。

技術的には難しくないからです。

取外しの場合は壊さないようにしなければなりませんが、取付けはよほどのことがない限りトラブルとはなりません。

毎日テレビを見ている人でもアンテナの存在を気にすることはないかもしれません。

映って当然なのがテレビなのです。

台風などでテレビのアンテナが折れ曲がってしまう映像を見たことがあるでしょうか。

あのような状態になるとさすがにテレビを観ることはできません。

なくなって初めて役に立っていることがわかるのです。

家族で観るテレビもいいですが、一人暮らしにはテレビが必要なのかもしれません。

デジタルテレビは映像がきれいです。

アナログ時代から使用しているアンテナでも再利用できます。

取外す必要はありません。

衛星放送のアンテナ

テレビにはいくつかの種類があり、それに合ったアンテナを取付けなければなりません。

衛星放送のアンテナはどうなっているでしょうか。

自分の家のテレビが衛星放送も受信できるなら、そのためのアンテナが取付けられています。

衛星放送用のアンテナは小さくて、空の方に向けて取付けられています。

地上波と違って人工衛星から電波が発射されているからです。

衛星放送用アンテナの取付けは空を向ければいいですから、2階のベランダの手すりに取付けることができます。

地上波に比べると簡単と言えます。

もちろん、屋根の上ならば間違いありませんが、そのためには専門業者に依頼した方がいいでしょう。

素人が屋根の上に上がって、怪我をしたら大変です。

取付けの方法はアンテナの説明書に詳しく書かれています。

インターネットで取付け方は書かれていますから、事前に調べておくといいでしょう。

衛星放送の場合、会員登録が必要です。

最近はかなり安くなっていますから、たくさんの番組を見たい人にはおすすめです。

毎日サッカーや野球などをノーカットで観ることができるのです。

取付けが簡単と言うことは取外しも簡単です。

引っ越しなどで取外す必要がある場合でも、自分でできるのです。

アンテナの価格はそれほど高くありませんが、取付け、取外しの度に業者を呼ばなければならないとその費用は無視できません。

自分でできるなら、その便利さは大きくなるでしょう。

仕事柄引っ越しが多い人は衛星放送だけを利用すると言う考えもあります。

アンテナの種類

一般の家庭で使用されるアンテナの種類はどれくらいあるでしょうか。

ほとんどはテレビのアンテナですが、FMラジオのアンテナを取付けている人もいることでしょう。

テレビのアンテナは地上波と衛星放送です。

それぞれ電波の種類が違いますから、アンテナの形も違います。

どちらがいいと言うわけではありませんが、取付けが簡単な方がユーザーとしては扱いやすいはずです。

一番ポピュラーなのは地上波放送ですが、アンテナはちょっと大きく放送局のテレビ塔の方向を向けなければなりません。

家の屋根の向きによっては取付けが難しい場合もあるようです。

もちろん、専門の業者に依頼すれば、屋根の上に登ってしっかりと取付けてくれるはずです。

最近はテレビの価格も安くなってきましたが、アンテナの価格はあまり変わっていません。

メーカーとしては安くする必要がないからです。

テレビがある限り売れなくなることはありません。

衛星放送の場合は地上波よりも小さな形です。

ベランダの手すりにねじ止めすれば済む便利さがあります。

電波が飛んでくる方向が違うために、手すりに取付けられるのです。

メーカーによってアンテナの形は違いません。

電波の種類に依存しているだけです。

いずれにしても、取付けや取外しは業者に依頼すべきです。

取付け方が悪くてテレビがうまく映らないこともあるでしょう。

それで悩むのは時間がもったいないのです。

取付けは業者にやってもらい、取外しは自分でもかまいません。

アンテナとは

技術的に見ればアンテナとは電波を受け取る仕組みです。

アルミの棒にすぎませんが、それで十分なのです。

重要なのはアンテナの向きです。

電波が飛んでくる方向にきちんと合わせなければ、十分な電波信号を受けることができません。

そのため、アンテナは屋根の上に取付けられているのです。

高いところでなければテレビ塔からの電波を受信できないのです。

地上波テレビが始まってからも、それまでのアナログテレビ用アンテナは使用できます。

デジタルになっても役に立つように作られています。

アンテナで受けた信号がどうやってテレビに映るのかと言う仕組みを理解する必要はありません。

それは専門家が考えていることです。

私たちはその技術の恩恵を受けて、楽しくテレビを観ることができるだけでいいのです。

もちろん、そのためにはお金を払わなければなりません。

テレビのアンテナを安く取付けてくれる業者を探している人もいることでしょう。

しかし、その恩恵に対して適切な支払いをしなければなりません。

安ければいいものが手に入ると考えるのは虫が良すぎるのです。

取付けや取外しのために暑い時も寒い時も屋根の上に梯子を掛けて登ります。

業者の人たちに感謝の気持ちを持ちましょう。

あなたには何もできないからです。

もちろん、仕事に対する対価は支払っていますから、必要以上に自分を卑下することはありません。

これが技術であり、社会と言うものです。

自分が持たない物を必要とするなら、そのためにお金を払うのです。

取外したアンテナもできるだけ再利用してください。

アンテナ取付け業者の選び方

テレビのアンテナが台風で飛ばされてしまうシーンを見たことがあるでしょうか。

それは台風の風が協力過ぎたのであり、取付け方が悪かったわけではありません。

しかし、できるだけしっかりと取り付けられたアンテナを利用したいものです。

そのためには取付け業者を選ぶことが大切になります。

家電量販店などでは電気工事も請け負っています。

その中でもテレビアンテナの取付け、取外しは一番ポピュラーな仕事と言えるでしょう。

どこの家庭でもテレビがあります。

ただ、最近はスマホをテレビ代わりにする人が増えてきましたから、アンテナを必要としない家庭もあるのです。

また、インターネットを利用したテレビも登場しています。

これからのテレビはアンテナを取り外しても利用できることになります。

費用面だけを考えればアンテナを利用したテレビが一番です。

そこでアンテナの取付け業者をどうやって選ぶかを考えるのです。

インターネットではたくさんの業者があり、それぞれの地域で利用できるかどうかをチェックできます。

もちろん、全国をカバーしている業者はいません。

実際には地域の電気屋さんが工事をするのです。

地域によってアンテナを向ける方角が違います。

テレビ等の位置が違うからです。

その地域の状況をよく理解していなければ、アンテナを取付けることはできません。

業者を探す時にはあまり有名な業者よりも地元で長く営業しているところを選びましょう。

知り合いがいるならその人が一番です。

取外しの時もお世話にならなければなりません。

1 2





世の為、人様の為に役立つような『まとめサイト』を心がけております。少しでもお役に立てれば幸いです
http://xn--n8jp8064afdkcxg38lqtsyyn64kbym.net/