1. まとめトップ

遺産相続あれこれ

更新日: 2016年01月12日

seo-kijiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1978 view
お気に入り追加

実家を処分して安定収入を得る方法

親が亡くなると、真っ先に困るのが実家をどうするかです。

思い出が詰まった実家を売るのはしのびないものですが、とはいえ持っていても固定資産税などをいつまでも負担するのは避けたい方が多いことでしょう。

どうせ実家を売却するなら、これからの自分たちの生活の足しになるようにしたいものです。

ちょっとした工夫で、それは十分可能です。

実家を相続したら、相続税評価はどうなるの?

相続が発生すると、まず、被相続人(亡くなった人)が所有していた全ての資産について、どれくらいの価値があるか計算をします。

現預金は、その金額で評価されますが、不動産は評価方法が異なります。

手間がかかる親の実家を相続したくない!売却して現金化か。

相続した実家(不動産)をどのように分けるのか?というのは、相続トラブルの中でも最も大きなものです。

ひとつしかない不動産をどのように複数の相続人に分配していくか、これこそ、遺産分割協議でもっともモメる点です。

「相続した田舎の実家を売却したい!」

田舎の不動産は都市部の住宅地と違い、権利関係や敷地・建物の状況、現況と登記地目の齟齬など、すぐに市場に出せるとは限りません。

値段を付けて市場に出すまでにひと手間かかる場合が多々あります。このため、不動産屋さんも買い手が見つかるかわからない売却の“下準備”に手間と時間を掛けることを敬遠されるのです。

相続問題で将来に禍根を残さないポイント

財産を遺す側ともらう側のポイントを知ってトラブル防止

◎財産を遺す側は……

やはり遺言書は相続問題を防ぐ大きなポイントの一つです。

もちろん、遺言書があれば絶対にもめないというわけではありません。

ただ、遺留分(法定相続人が最低限もらえる財産の割合)にも配慮した法的に効力のある内容をしっかり記載したうえで、自分がどうしてそうした財産分与を望むのか、といった想いも書いておけば、ある程度トラブルを未然に防ぐことにつながるでしょう。

相続財産の不動産を売ったお金を分ける代償分割はご注意を

「当初に予想していた値段で売れない?」ということもよくある話なのです。

想定外の事態が起こったからといって遺産分割協議をやり直すことは簡単ではありません。

田舎の実家、どうするか マイナス資産の空き家...解決策は早めの買い替え

父ががんで亡くなった

約100坪の土地と家の相続人はAさん一人だが、地縁血縁が薄い上、仕事もない田舎暮らしなどできるはずもなく、「土地を手放すしかない」と考えた。

地元の不動産業者に相談し、登記簿上の所有者確認、隣家との境界線の確定、土地測量などの手続きを済ませ、いざ売却と思いきや、「全く売れなかったんです」

どろどろ相続 「資産のない家」ほどモメる理由

「分けようにも分けられない」ケースが危ない

80代の母親が「同居する長女に実家を相続させたい」と長男に告げたところ、息子から即座にこんな答えが返ってきた。
相続させるのは、実家一軒とわずかな貯金のみ。離れて住む長男と、同居する長女。
2人の子供に均等に財産を残すのは難しい。
そこで母親は、夫亡き後ひとりとなり心細かったところ、老後の面倒をみてくれた長女に家を残したいと考えたのだ。

ある日突然やってくる「遺産相続」。しかし被相続人が亡くなれば、さまざまな手続きが必要になりますので、悲しんでばかりはいられないのが現実です。

死亡届はもちろん、遺言書の有無の確認、相続人の確定、相続財産の調査、準確定申告、遺産分割協議など、しなければならないことが山積なのです。

また資産家の方が亡くなられた場合は、「相続税」のことについても考えなければなりません。

遺産相続とは、亡くなった方の銀行預金や保険金、株や不動産などの相続による手続きを行うことです。

① まず最初に、亡くなった方が残した遺産に、何があるのかを調べます

② 次に、遺産相続の手続きに必要な亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本等と、法定相続人全員 の戸籍謄本等 を役所からすべて集めます。

③ その集めた戸籍謄本等を元に、関係者全員の現住所・氏名・続柄や、法定持分はどれ位なのかが一目でわかる相続関係説明図を作成します。

● 遺産分割とは
  
相続が開始して相続放棄も限定承認 をしないで3カ月が過ぎると、単純承認したことになり、被相続人が死亡時に有していた一切の権利・義務を相続人が相続分に応じて共同相続することになります。 
  
この遺産の共有状態を解消して、個々の財産を各相続人に分配し取得させる手続きを、遺産分割 といいます。

相続トラブルはお金持ちの専売特許ではありません

相続は一部のお金持ちの話と考えていませんか。現実は必ずしも、るとそうでもありません。

最近は、銀行(特に信託銀行)、郵便局、介護施設、さらには自治会などでも、遺産相続、遺言に関する講座が多く開催されるようになりました。

真のお金持ちの遺産相続の仕方。子供の未来を真剣に考えているのなら、これを残すことで幸せになれる

自分が亡くなった後のことを、今まで考えたことってありますか?

「かわいい子供のために、自分がいなくなっても不幸にはさせたくない。」

お子さんがいらっしゃるご家庭では、自分が亡くなった後、この子達はどうなるのだろう?と不安になることも多々あるかと思います。

「自分がこの世からいなくなった後でも、たくさんお金を残してあげたい。」

親が借金を残したまま亡くなってしまった、事業を営んでいた親類が借金を残したまま亡くなったため銀行やサラ金から借金を支払うよう言われている、こんなドラマのようなことが起こったら、どうしますか。

このように、相続のタイミングで借金を負わないようにするための制度として、相続放棄というものがあります。

借金の相続と相続放棄について 弁護士 吉山晋一

遺産相続によって相続人が引き継ぐ財産は、預金や不動産などの「プラスの財産」だけではありません。「マイナスの財産」ともいうべき借金も引き継がなくてはなりません。

したがって、相続をする際には、プラスの財産を調べるだけでなく、マイナスの財産がないかもしっかり調べておく必要があります。

また、マイナスの財産が明らかに多い場合は、無理に相続をする必要がないことや、プラスの財産の範囲内で借金を返済することもできるといったことも知っておきましょう。


上記1の場合には、本来の意味での相続放棄の手続、すなわち家庭裁判所に「相続放棄の申述書」を提出することが必要です。2の場合には、2通り以上の対応方法が考えられます。

相続放棄をして、相続人がいなくなるとどうなるの?

相続人が誰一人いなくなってしまった場合、亡くなった方が持っていた少しの財産とたくさんの借金はどうなるのでしょうか?

最終的に財産が残るのであれば、その残った財産は国のものになります。

もっともその前に、財産を分け与えるべき人がいないかを調べたり、残された財産の中から借金を平等に返済する必要が生じます。

相続放棄とは、相続人が被相続人から受け継ぐべき遺産のすべてを放棄することを言います。

利用シーンとしては、被相続人の負債が多く、相続財産に価値や魅力を感じられない場合や、被相続人の事業を特定の相続人(長男など)に引き継ぎを行う場合に、兄弟姉妹が相続放棄を行うこともあります。

あったら教えてほしい!

兄弟で揉めない遺産分割の進め方

「自分の死んだ後、相続で揉めないように」

と遺言書などで対策している場合や、生前に財産を贈与している場合は、スムーズに遺産分割が完了することが多いようですが、いずれにしても財産の多寡に関わらず、簡単に進んでくれないのが遺産分割です。

遺言書を作成しても、安心できない

遺言書では、財産をもらう側、つまり妻や子供の同意は必要ありません。

あくまで、父親の一方的な気持ちだけで、決めることができます。

ただ、遺言書も相続ではなく、贈与なので、財産をあげる人は、誰でも指定することができます。

遺産相続、特に揉めやすい7つのケース

ケース1
親と別居、兄弟姉妹が親と同居している

ケース2 
親が小規模な事業を営んでいる

遺産分割でもめる典型的なケースとその対策

遺産分割でもめると、どんなデメリットが?

預貯金がおろせない、財産の有効利用がしにくい
相続税の控除等が使えない(配偶者の税額軽減、小規模宅地の評価減)ため納付税額が増える
相続税のため不動産の売却、建替えや修繕ができない、立て替えていた費用の清算ができない
家庭裁判所における調停による長期化、弁護士に依頼する費用の発生

これらを原因として家族同士の仲が悪くなり、結果として全員が損をすることになってしまうのです。

相続放棄の意味を知ろう!

相続の放棄は法律行為。「自分は相続財産は一切要らない。」と遺産分割協議書に書いても、相続放棄の法的効力はありません。

また、相続放棄の意味を十分理解しないで手続しても、放棄した目的を達成できない可能性もあります。

親が残した一軒の持ち家を、きょうだいでどう分けるか――遺産相続の際しばしば争点となるテーマの一つだ。 実家は長男が継ぎ、下のきょうだいは形見など形ばかりの財産を貰って一件落着…という筋書きは、もはや過去の遺物。

現金と違って等分するのが困難な不動産をどうやって分けるか――この問題は、争点が価値の大きい財産である分一層もめ、それゆえ「争族」の原因となってきた。

「誰が」相続人となる者について

故人が亡くなった時点で相続開始となりますが、その時点で生存している者が財産上の地位を受け継ぐ相続人となります。

相続人となりえる者は、故人(被相続人)の子、直系尊属(血のつながりのある親)、兄弟姉妹および配偶者です。

なお、子は胎児の場合でも相続人となります。ただ、無事に産まれてこなければその権利はありません。

親が亡くなり兄弟(姉妹)で遺産相続をする際に知っておきたい

お父様、お母様がお亡くなりになった場合、兄弟が複数いらっしゃれば、兄弟によって遺産の相続がなされることになります。

つまり兄弟間における遺産相続とは多くの方にとって発生し得るものであり、決してドラマや小説の中の特別な話ではないのです。

遺産・相続財産等の寄付

大切な方を亡くされた方々から、「故人の遺産を社会のために役立ててほしい」

「これまで築いた財産の一部を赤十字に寄付したい」というご相談やお申し出を多くいただいています。

日本赤十字社では、このような皆さまの尊いご意思に応えるために、遺贈による寄付・相続財産の寄付を承っております。

10億円超の遺産を手に入れ…相続人の豪遊と狂った人生

兄の10億円超の遺産相続人となった男が、相続税法違反などの罪で起訴された

毎晩のように多くの知人を引き連れて、高級クラブをはしごしていたという

相続トラブルを避ける5つのポイント

■相続人が増えるとトラブルも増える傾向

相続人の確認をしておきたい。

相続人は、実子の兄弟姉妹のみと思っていたら、非嫡出子や養子が、親の死後に現れることもある。

また介護をしてくれた人に遺産分けをしようと、養子にしておくという例もある。相続人を増やす養子縁組は節税につながるとして、孫を養子にする例などもある

相続した不動産は、基本的には「共有」の状態になっています。

相続人の間で、意見がわかれていてもなりません。

遺産分割協議でまずは、全員が合意にいたることが大事です。

誰か一人の相続人に相続させて、すぐに売却代金を分割する、換価分割という方法をとることで相続人全員が同意する必要があります。

1





このまとめに参加する