「誰が」相続人となる者について

故人が亡くなった時点で相続開始となりますが、その時点で生存している者が財産上の地位を受け継ぐ相続人となります。

相続人となりえる者は、故人(被相続人)の子、直系尊属(血のつながりのある親)、兄弟姉妹および配偶者です。

なお、子は胎児の場合でも相続人となります。ただ、無事に産まれてこなければその権利はありません。

出典これさえ読めば遺産相続なんか怖くない!揉めたくない方は必見!! | 世話好き行政書士は今日も行く

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る