親が残した一軒の持ち家を、きょうだいでどう分けるか――遺産相続の際しばしば争点となるテーマの一つだ。 実家は長男が継ぎ、下のきょうだいは形見など形ばかりの財産を貰って一件落着…という筋書きは、もはや過去の遺物。

現金と違って等分するのが困難な不動産をどうやって分けるか――この問題は、争点が価値の大きい財産である分一層もめ、それゆえ「争族」の原因となってきた。

出典「不動産をどうやって分けるか――もめたくない方へ」 | 相続ドットコム

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る