相続問題で将来に禍根を残さないポイント

財産を遺す側ともらう側のポイントを知ってトラブル防止

◎財産を遺す側は……

やはり遺言書は相続問題を防ぐ大きなポイントの一つです。

もちろん、遺言書があれば絶対にもめないというわけではありません。

ただ、遺留分(法定相続人が最低限もらえる財産の割合)にも配慮した法的に効力のある内容をしっかり記載したうえで、自分がどうしてそうした財産分与を望むのか、といった想いも書いておけば、ある程度トラブルを未然に防ぐことにつながるでしょう。

出典相続問題で将来に禍根を残さないポイント。財産を遺す側ともらう側のポイントを知ってトラブル防止を! |【iタウンページみんなの相談窓口】

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る