1. まとめトップ

「幼児教育」が人生を変える、これだけの証拠

親も国も、子供の教育が重要だということはわかっている。では、子供が何歳のときにどんな教育をすれば効果的なのか、そもそも人生の成功にはどんな力が必要なのかを聞かれて、答えられるだろうか。

子供の教育においては、学校教育や学力が重視されがちである。そのため、教師の数を増やしたり、職業訓練を充実させたりといった学校入学後のさまざまな取り組みが注目されてきた。

幼少期での教育が学力以外にも好影響をもたらし、人生を変えるということをお話ししよう。

赤ちゃんの能力や才能を知育法で伸ばす

赤ちゃんの時期だけの優秀な能力が備わっています。言葉を覚える能力だったり、獣医さんとか専門家でしか見分けられないような動物を見分けられたりする観察力等、独自の能力があります。

しかし成長するとそういう優秀な能力は削除されてしまいます。

幼児教室や幼児教材はそういった赤ん坊時代の優秀な能力の削除をストップするという事です。

赤ん坊時代の優秀な能力がキープできる事によって天才が育つののです。

年齢別の幼児教室や幼児教材

オススメの幼児教室や幼児教材

幼児教室や幼児教材を試した体験談

子供と遊びながら、子供独自の優秀な能力や才能をキープしませんか?

幼少期の教育は、学力だけでなく忍耐力も高める

幼少期の環境を豊かにすることが認知的スキル(IQテストや学力検査などによって測定される能力)と非認知的スキルの両方に影響を与え、学業や働きぶりや社会的行動に肯定的な結果をもたらすことが示された。しかも、そうした効果はずっと後まで継続する。

成功のカギは、幼少期の働きかけの質にある

幼少期の教育を上手に実行することは、大きな利益をもたらす可能性がある。ではもっと後になってからの介入ではどうだろう? 実のところ、子供が成人後に成功するかどうかは幼少期の介入の質に大きく影響される。

スキルがスキルをもたらし、能力が将来の能力を育てるのだ。幼少期に認知力や社会性や情動の各方面の能力を幅広く身に付けることは、その後の学習をより効率的にし、それによって学習することがより簡単になり、継続しやすくなる。

1





world181さん

世界の壁をぶっ壊す