1. まとめトップ

灰と幻想のグリムガル あらすじ 解説

一番の特徴はストーリーが過酷。一部ネタバレもあり。主人公らが抱える劣等感、華々しさとはかけ離れた泥臭いまでの戦闘シーン、レトロゲームチックながら生活感を醸し出している世界観

更新日: 2016年03月30日

godssさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 78908 view
お気に入り追加

灰と幻想のグリムガル(はいとげんそうのグリムガル)
ジャンル
ファンタジー、アクション
作者十文字青
イラスト白井鋭利
出版社オーバーラップ
レーベルオーバーラップ文庫
刊行期間2013年6月~
巻数
既刊7巻(2015年12月現在)
奥橋睦による漫画版が『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で連載中。
2016年1月よりテレビアニメ放送開始予定

ハルヒロは、自分がどこともしれない闇の中にいること、そして名前以外の何も思い出せないことに気付く。同じ境遇の12人が揃って外に出ると、そこは赤い月が照らす地「グリムガル」であった。

途方に暮れるハルヒロたちだったが、そこに現れた案内人に誘われた「義勇兵団レッドムーン」の事務所で、人類が魔物と戦っていることを知らされる。そして、この世界で生きていくために義勇兵となってその戦いに身を投じるか、街で細々と生きるかの選択を迫られた。

設定

おれたち、なんでこんなことやってるんだ……?
ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。
生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま……
これは、灰の中から生まれる冒険譚。

決断できないハルヒロを尻目にいち早く動いたレンジは、見込みのありそうなメンバーを誘ってパーティを組み、結果としてハルヒロたちは残された者同士でパーティを組むことになってしまった。

各々が義勇兵としての職業に就き基本スキルを習得し、何とか体裁を整えたハルヒロ達はグリムガルの大地での冒険へと旅立ったが、そこに待っていたのは過酷な現実だった――。

主題歌

オープニングテーマ「Knew day」歌 - (K)NoW_NAME
エンディングテーマ「Hervest」歌 - (K)NoW_NAME

「グリムガル」とは

「グリムガル」とはこの世界の住人が自らの住む世界を指すときに使う言葉。
天竜山脈と呼ばれる山々によって南北に別れており、北側は「辺境」と呼称される。
人間族及び同盟する亜人種族はゴブリンやオークなどの他種族と敵対しており、その最前線には「義勇兵」と呼ばれるよそ者が戦力として加わっている。

■義勇兵

ここではないどこかから来た、よそ者たちが所属する集団。
見習いから始まり、複数あるclassで修行を積んでから冒険に出る。
敵対種族との戦いに駆り出されることも。

■不死の王

かつてグリムガルに君臨した存在。
不死族という種族を従えていたが現在は死んだと言われている。
いずれ復活するという予言を残したとされている。
不死の王の呪いにより、グリムガルで死んだものは適切に措置をしないと「不死の王の従者」になってしまう。
肉のあるものはゾンビ、白骨のみのものはスケルトンと呼ばれる。

ゴブリン
グリムガルで最弱と呼ばれるモンスター。種類は多々存在している様子。

コボルト
サイリン鉱山に生息している。種類は多々存在しており、鉱山下層に行くに連れ強く賢くなる。
人間ほど知的ではないが見た目どおり犬のように上下関係がはっきりしており、他種族に排他的で厳密な階級社会を築いている。穴居生活を好みノーム・ドワーフほどではないが独自の治金技術をもって武器・防具を製造している。コボルドは呪術的な信仰の元タリスマンと呼ばれる宝石等加工したお守りを持っている。身分が高いコボルドほど細工の込んだタリスマンや装備を有しており、これが高く売れる。
レッサーコボルド、エルダーコボルドと身分ごとに呼び分けている。レッサーは上層の下級労働者。コボルドは中層の労働者でローワーカー・ワーカーに分かれる。エルダーは監視役でフォアマンと呼ばれ、フォロアという手下を連れている。

デッドスポット
サイリン鉱山に生息しているコポルドの亜種。黒白斑の巨体で、多くの義勇兵を殺してきたことから【死の斑】と呼ばれ恐れられている。

オーク 
人間の仇敵で戦争中。義勇兵の中ではオークを殺せて一人前と言われている。なお、オークを殺せない義勇兵は童貞と呼ばれる。
黄昏世界〈ダスクレルム〉にも存在しており、そちらでも「オーク」と呼称されている。

白巨人
黄昏世界〈ダスクレルム〉に生息する巨人。大きさは最大で山ほどの高さの白巨人も存在している。

火竜
ダルングガルの火山に生息する。超高熱の炎を吐き、人間を捕食する。

パーティー紹介

class:神官cv島﨑信長
パーティのリーダーでまとめ役。
パーティメンバーに対して、それぞれ的確な言葉をかけたり、指示を与えたりできる気配り人。
神官のため回復魔法による後方支援のほか前衛で近接戦闘を担当することも。
(序盤)大きなホブゴブリンを相手にするが敵わず、逃げるがマナトが背中に深い攻撃を受け死ぬ。

class:盗賊cv細谷佳正
特徴:気弱でフツーな冴えない少年。目立たない存在。
マナト死後はパーティーのリーダーを引き継ぐ。
目が眠そう。
聞き上手でチーム内ではツッコミ役。
偵察や短剣での側面支援を担当。
ギルドの師匠によって盗賊界の通り名が年寄り猫(オールドキャット)にされてしまう。

class:魔法使いcv照井春佳

引っ込み思案で臆病だが真面目で頑張り屋。
魔法での遠距離攻撃を担当。
気弱な性格が災いして詠唱が失敗することも。
状態異常系の魔法を主に使う。

class:狩人cv小松未可子
天然癒し系。
弓使い。
遠距離アタッカー。
明るく天然で飾らない性格。
関西弁のような言葉を使う。
弓を使用して後方から攻撃担当だが得意ではなく剣鉈での近接攻撃のほうが得意。

class:戦士cv落合福嗣

身体が大きくおっとりしている。
料理上手。
動きは緩慢だが大剣を使用して最前線で戦闘を行う。
チームの盾役。

class:暗黒騎士cv吉野裕行
お調子者の我が儘テキトー人間。
お調子者でよく喋る。
口が悪く周囲を怒らせてしまうこともしばしば。パーティメンバーからは鬱陶しがられている。クラススキルによって「ゾディアックん」という悪霊を招来できる。
長剣を使用した派手な戦闘スタイルを好む

第二話見習い義勇兵の長い一日

ゴブリンに未だ勝てないハルヒロのパーティー
作戦を練り、複数のゴブリンから単独行動をしているゴブリンを狙うことに。
一方、リーダー的存在マナトは酒場で情報収集にあたっているのをハルヒロは談笑の中で知ることになる。
ゴウリン戦開幕。

ゴブリンだって生きているんだ!
モグゾーが息の根の止めをさしたかと思ったゴブリンは実は生きていた。
すかさずもう一度息の根を止めようとするランタ
結果は!?

第三話ゴブリン袋には僕たちの夢がつまっている

1 2 3 4 5





godssさん

気ままにまとめ更新していきます。リンクフリーですので自由に各種ページに紹介して下さい。

このまとめに参加する