1. まとめトップ

マエケンがついにメジャー!しかし色々と「イタい」

プロ野球選手、ピッチャーの前田健太(広島東洋カープ)がメジャーリーグベースボール(MLB)のドジャースと契約。しかし、いろいろ問題が・・契約の内容、肘、肩の問題で身体検査に引っかかる。唯一の右投げ先発。マエケン体操の禁止、メディアなどなど

更新日: 2016年01月08日

1 お気に入り 969 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tksggk1さん

ついに前田健太がメジャーリーグのドジャースと契約

「Hi 前田健太です。広島東洋カープから来ました。ドジャースの一員になれてとても光栄です」

「日本でも18番をつけていましたし、18番をつけてから自分も成長できたので、ドジャースでも18番をつけられてのはとてもうれしいです」

しかし・・・まず身体の”痛み”を指摘

肘の問題?まさか

トミー・ジョン手術は肘の靱帯断裂に対する手術術式。

しかし、先発が左投げを多く占めるドジャースでは右投げの前田健太は貴重。そのため、肘の「痛み」もあるが酷使される。

グリンキーが抜けた先発陣で獲得したのは、左腕のスコット・カズミアーと前田健太の2枚。これに大黒柱のカーショーと、2年連続2ケタ勝利を記録する24歳アレックス・ウッド、昨年10勝を挙げたブレッド・アンダーソン、さらに肩の故障で昨シーズンは全休となった柳賢振

そして、契約内容も「イタい」!

契約額は最低2400万ドル(約28億円)で、パフォーマンスによってボーナスがつく形。

マエケン体操も出気なくて肩周りが「痛い」

「ベンチ前では(マエケン体操が)できないので、ルールに従ってベンチの中でやりたい」

前田は、これまでマエケン体操とキャッチボールで肩甲骨周りのストレッチを行い、可動域を広げ故障防止につなげてきた。

メディアからも「イタい」評価

「前田は、右肘だけでなく、肩にも懸念を持たれ、ドジャースはいつか手術が必要になることを分かっているが、3、4年間怪我をしなければ、サインをする価値はあると考えている」

まるで使い捨て

みんな今回の契約には不安です

マエケン頑張れ*\(^o^)/* 8年か…長いな。 私25歳すぎてるよ笑 お帰りをお待ちしております。 pic.twitter.com/sNwYUnMLyQ

今、報道ステーションのスポーツみて初めて知ったんだが、マエケンのドジャース入り決まったのな マエケン、夢のメジャーおめでとおおお!おもいっきし頑張ってこい! てか、やっぱtwitterみれないと情報が入ってこなくてつらいな 早くスマホ取り戻したい

厳しいこと言うけど、今のマエケンじゃあメジャーでは通用しないだろな。

1 2