1. まとめトップ

アゲハチョウ 幼虫の飼い方 【アゲハ蝶 飼育】

アゲハチョウを、卵・幼虫から 育ててみよう。 【検索用 : 飼う。いれもの。アゲハ、あげは、アゲハチョウ、アゲハ蝶、幼虫、サナギ、蛹、落ちた、落下、対処、対応。救出、羽化、孵化、ミカン、みかん、柑橘、柑橘類、山椒、サンショウ、エサ、餌 、雨、風、雨天、荒天】

更新日: 2017年07月16日

guggugu-さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 119201 view
お気に入り追加

卵 → 幼虫 → さなぎ → 成虫

春から夏にかけて、ミカン類の葉に、アゲハチョウの卵が産み付けられます。
(ミカン、レモン、ゆず、山椒 など)

http://www.megmeg.jp/meg/mblog/each.asp?pid=86

http://www.geocities.jp/kikiyouin/sub52-syokusou.html

飼育 に 必要なもの

◆エサになる葉(毎日 必要です)
 基本的には、卵・幼虫がいた、柑橘類(みかん類)の木の葉でよいです。

◆飼育用 の 容器 (プラスチックケースなど)

注意すべき点としては、

◆終齢幼虫(緑色の幼虫)になってからの食欲は、それまでとは比較になりません。

◆複数の幼虫を買っている場合、非常にたくさんの「ミカンの葉」が必要になりますので、餌の用意が大変です。

ちなみに、まとめ作者(guggugu-)は、子供の頃に、合計200匹ほどの幼虫を飼い、羽化させたことがあります。
自宅の庭に、レモンの木が在ったので、新鮮なエサの補充が可能で、羽化率が高かったと思います。

食草がしおれないように、と水を入れたコップやビンに入れて
幼虫を飼うと水の中に落ちてしまう幼虫がいる。

ミカンやサンショウの枝の切り口を、水をたっぷり吸わせた 脱脂綿でくるんで、そこを小さく切ったラップで包み、輪ゴムで止めてれば、葉がなくなるまで しおれないまま新鮮。

http://www.geocities.jp/kikiyouin/sub52-syokusou.html

少なくとも

20cm × 20cm × 20cm 以上 の「飼育ケース」が欲しい。

http://www.megmeg.jp/meg/mblog/each.asp?pid=86

複数の幼虫を買っている場合、非常にたくさんの「ミカンの葉」が必要になりますので、餌の用意が大変です。

http://xn--n8jub4bvbx433bg1ree1b.com/archives/14068

チョウの幼虫は、食べれる「植物の葉」が決まっています。

一般的なアゲハチョウは、ミカン系(柑橘類)の葉しか食べません。

キアゲハは、ニンジン系。

チョウの飼育FAQ
蝶の飼育方法に関するよくある質問と回答

http://insects.life.coocan.jp/Data/FAQ.htm

飼育 ・ 観察

たまごは、

黄色の後、黒色に変化する。

卵から孵化したばかりの幼虫は、

「やわらかい葉」しか食べません。

徐々に、硬めの葉を食べれるようになっていきます。

終齢幼虫になると、一転してきれいな緑色に変身する。

この頃になると、エサとなる葉を、非常に多く食べます。みるみる葉が無くなっていきます。

 食べる量が少ないと、モンシロチョウくらいの大きさにしかなれません。最悪、蛹になれず 蛹化の途中で止まってしまいます。

http://www.geocities.jp/n25nmori/ageha-shiiku.htm

食欲旺盛で枝から枝へと移動し、体長4~5cm までに成長します。5齢幼虫になって から5~7日頃、 急に餌を食べず動かなくなる状態が1日ほど続きますが(休眠)、 その後下痢様の糞をした後はせわしなく動き回ります。さなぎになる場所を探し始める のです。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~webtarsh/n5rsa.html

出典www.ne.jp

周辺に合わせ、緑色になる場合と、褐色になる場合がある。

サナギが、落ちてしまった場合の対処方法は、下記の動画(伊丹市昆虫館)をご覧ください。

出典www.ne.jp

羽化する「前日」には、

黄色と黒色の 模様が見える。

出典www.ne.jp

羽化後、数時間で、飛んでいきます。

サナギが、落下してしまった際の、対処方法です。

雨の日に、羽化したアゲハチョウは、雨のかからない場所、風の直撃を受けない場所に放置し、いつでも 飛び立てるようにしておきましょう。

1 2

関連まとめ





guggugu-さん

理系の事象を中心に、まとめてみます。

このまとめに参加する