1. まとめトップ

【アイマス】アイドルマスターのライブで使用できるサイリウム(コンサートライト)について

アイドルや声優のライブでファンが使用するサイリウム(コンサートライト)。アイドルマスターのライブでも初期の頃から使われていました。今回はアイマスのライブで使用できるサイリウムの一例を紹介していこうと思います。正確な呼び方はコンサートライトなどありますが、このまとめでは「サイリウム」で統一しました。

更新日: 2017年06月06日

16 お気に入り 192268 view
お気に入り追加

必需品になりつつあるサイリウム

コールと同じでサイリウムを振る・振らないというのも人それぞれ。
それでも、やはりサイリウムを振るという人の方がかなり多いです。
さすがにサムネのような方はあまり見かけませんが・・・

アイマスライブにおけるサイリウムのレギュレーション

11月28日・29日に行われた『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 3rdLIVE シンデレラの舞踏会 - Power of Smile -』のレギュレーションが発表されましたので見てみましょう。

ご使用可能なコンサートライト
(公式で販売されたサイリウム諸々省略)
•市販のLED式コンサートライト(ボタン電池使用、25cm未満のものに限る)
•市販のケミカルライト(25㎝未満のものに限る)

ご使用いただけないコンサートライト
•電池式・非電池式を問わず、25㎝以上のコンサートライト
•ボタン電池以外の電池式のコンサートライト(25cm未満のものも含む)
•極端に明るさを上げる・点滅させる・複数のコンサートライトを組合わせるなど、市販時の形状や性能を改造したコンサートライト
•市販品ではなく、パーツをくみ上げて自作したコンサートライト
•その他、スタッフが不適切と判断したコンサートライト

最近のライブではこのレギュレーションで定着しています。
現在開催中のSideMのグリーティングツアー「THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 〜BEYOND THE DREAM〜」、シンデレラガールズ5thライブ「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」もこのレギュレーションです。

キングブレードが使えない!

他のライブでは定番の1つになっているキングブレードですが、「MAX」や「X10」などは単4乾電池を使用するためアイマスのライブでは使用できません。

色々探している時に見つけたもの。
これは「複数のコンサートライトを組合わせる」行為なので問答無用でアウト。
アイマスに限らずですが、舞台上の演者より自分が目立ってしまうのはどうなの?と思います。
サイリウムについてのまとめなので書いていませんが、いわゆる「ヲタ芸」も禁止されています。

過去のイベントで、お客様のものと見られるコンサートライトにより、実際に機材が破損した例がございました。

過去に手が滑って飛んでいった乾電池式のサイリウムが機材に直撃して壊れてしまった事案があったためこのようなレギュレーションになったようです。

使用できるサイリウム一例

では、どんなサイリウムが使用できるのか?
その一例としていくつか紹介させていただきます。

KING BLADE iLite

キングブレードを作っているルイファン・ジャパン社がアイマスのレギュレーションに合わせて作成された(と思われる)のがこの「KING BLADE iLite」
全長:最大で193mm
電池:LR44×3個
価格:780円(税別)
全11色(AQUAカラーが新たに登場しました)

公式とのコラボも

■良い点
・複数持ちがしやすい(節度を守ってご使用ください)
・軽い
・価格が安価
・発色がいい(イエローは要確認)
・色ムラが少ない(ブルー、グリーン、ホワイトは要確認)

■一長一短
・軽量化故に本体からLEDの光が浮かぶ

■悪い点
・素手でバルログすると指の皮に深刻なダメージを与える
・チューブ付け根からの光漏れ
・先端処理に隙間がある

足りない色は補充しましょう

全11色ということで、iLiteだけでは全部分の色を揃えることができないので必要であれば非電池式のサイリウムや下で紹介しているボタン電池使用の多色式サイリウムなどで補充しましょう。
逆に他のサイリウムを使われる方は他の使用できるサイリウムではなかなか使われていない黒のiLiteだけを購入して補完するというのも有り。

ちなみに、バルログって何?

画像のように指の間にサイリウムを挟んで振る行為をバルログと言います。
ストリートファイターⅡに出てきたバルログの爪に似ていることからこのように呼ばれています。
アイマスのライブでは今のところキングブレードが禁止されている代わりに、他のライブでは禁止されていることが多々ある複数本持ちが大丈夫ということでこういう持ち方をされる方も多いです。

バルログだと指の間に挟むため力が入らずすっぽ抜けて飛んでしまう危険性が高いので、指に挟まずにまとめて握って振るという方も多いですね。
アニメのライブシーンで高木社長(右側)がこの持ち方でサイリウムを振っていたことから「社長持ち」とも言われています。
ただし持つ本数は常識の範囲内で。

出典p.twpl.jp

熊手と呼ばれるこういう機器を用いた持ち方は「複数のコンサートライトを組合わせるなど」の部分に該当するためアウトです。

ターンオンの話題のアイテム『KUJAKU』のサンプルが秋葉原店にも到着!! 秋葉原店でも是非ご覧あれ!! 成る程、この餃子みたいな持ち手の部分にProシリーズを付けるんだな… …ん?つまり…? pic.twitter.com/NfZUmwHejS

今後ターンオン社から発売される予定のこの商品もアイマスのレギュレーション的にはNGになります。

『アイドルマスター ミリオンライブ!』で登場する松田亜利沙のHRカードで披露されている、通常3~4本で行うバルログを5本で行うこの持ち方。
通称「亜利沙持ち」と言われていますが、5本目を小指の力だけで持つため非常に不安定になりサイリウムを飛ばしてしまう可能性が極めて高い持ち方です。
彼女にしかできない技ということでなるべく止めておいた方が良いでしょう。
(周囲の観客も同じ持ち方をしているのは見なかったことにしましょう)

ミックス・ペンラ-PRO キラキラ Mタイプ

ターンオン社が発売しているボタン電池使用の多色式サイリウム「ミックス・ペンラ-PRO キラキラ Mタイプ」
これも「迷ったらこれ」と言われるほどオススメされているサイリウムです。
全長:214mm
電池:LR44×6個
価格:¥1,998(税込)
7月末に販売された新型ではこれ1本で24色使えます。

■良い点
・白色LED、黄色LED採用でフルカラーペンライトの弱点を克服
・色の逆送りも可能になりカラフルPROの弱点を克服
・明るさも実用十分な値を確保
・配色も自由に設定可能
・実売価格が2000円以下

■一長一短
・ラインナップが多すぎて初めて買う初心者に優しくない

1 2 3





すまいるすいーつさん