1. まとめトップ

ガンダムブレイカー3発売日3月3日《PS4》&《PSVita》新規追加ガンプラ20機以上

バンダイナムコエンターテインメントは本日(2016年1月8日),「ガンダムブレイカー3」(PS4/PS Vita)の発売日が3月3日に決定したと発表した。価格はPS4版が7600円,PS Vita版が6800円(いずれも税別)となっている。豪華!初回封入特典!

更新日: 2016年01月09日

0 お気に入り 5401 view
お気に入り追加

新規機体が20機以上確定ガンダムバルバトス(第4形態)も参戦

全国のモデラーの機体へ挑戦(バウンティハンターモード)

他のプレイヤーが制作した機体データとの疑似バトルも楽しめる。全国の猛者たちが制作したオリジナルの機体を倒し、ナンバーワンを目指そう。
対戦相手になる他のプレイヤーが創ったガンプラ(賞金首)を選択。
成績に応じて報酬ゲット。ここでGP(お金)をたくさんためよう

新規機体決定の機体↓

FA-78-1フルアーマーガンダムはMSVに登場した地球連邦のMS。
FSWS (Full armour System and Weapon System) 計画に則り、RX-78ガンダムに簡易増加装甲、追加武器、補助推進装置を装備させた機体。
追加装備によって自重は増加したものの、補助推進によって機動性は損なわれていない。
一説にはニュータイプ部隊による集中運用も計画されていたが、そのハイスペックから量産計画は難航したと言われている。

60mmバルカン砲×2
2連装ビーム・ガン
ミサイル・ベイ
360mmキャノン砲
ビーム・サーベル(オプション) 他

正式名称は「高機動型ザク リユース・P・デバイス装備」。
高機動型ザクⅡをベースに新機軸の操縦系統と各オプションの追加等で強化した改修機。

ザク・バズーカ×3
シュツルムファウスト×3
ジャイアント・バズ×2
ヒートホーク
ザク・マシンガン

パイロットの脳が発する電気系信号をモビルスーツの駆動系に伝達させる事によって乗機を己が手足のように操作する事が出来る。この操縦系を「リユース・サイコ・デバイス」という。

形式番号:NZ-666。
ネオ・ジオン残党軍「袖付き」のニュータイプ専用モビルスーツ。
機体名称は古代インドにおける武人・王族階級の第二位に由来し、フル・フロンタル率いる「袖付き」のフラッグシップであるシナンジュに次ぐ機体である事を物語っている。
パイロットはマリーダ・クルス。

機動戦士ガンダムUCに登場するモビルスーツ。OVA版に登場するが、原作小説には登場しない、所謂アニメオリジナル機体。
パイロットはディエス・ロビン(1号機)とビア・キャトリエム(2号機)。
漫画版ではリディ・マーセナスがバンシィに中破させられたデルタプラスの代替機として2号機に搭乗している。

レイハントン家の元家臣であるロルッカ・ビスケスとミラジ・バルバロスが、レイハントン家に伝わる記録から製造したドレット軍用の試作MS。制式採用されなかったが、先行偵察用機体として選ばれ、ラライヤを乗せて地球へ降下した。当初は機体を鹵獲した海賊部隊のアイーダ・スルガンが搭乗し、以降はベルリ・ゼナムの搭乗機となる。G系統の設計思想の根幹を思わせるその作りから、「Gそのもの」という意味を込めてアイーダにより「G-セルフ」と命名された
宇宙世紀のガンダムタイプに似た形状とトリコロールのカラーリングが特徴だが、ほかのG系統に比べ双眼がやや大きく、額のアンテナは前方に突き出ている。

1





sekainotakumiさん

このまとめに参加する