1. まとめトップ

【キーボード】このキーいったい何に使うの?【PC初心者】【キーの役割】【キーの機能】

関連項目 ショートカットキー Windows NumLock SysRq Pause Break Scroll Lock PrintScreen PrtSc Insert アプリケーション ファンクション Alt オルト Control コントロール Ctrl CapsLock Tab Esc

更新日: 2016年10月01日

navariさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 3598 view
お気に入り追加

▼わかりにくいキー機能(修飾キー)一覧

106キーボード
「日本語106キーボード」
「OADG 106キーボード」などと呼ばれる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※文章入力中での場合※
「へんかんされていないみかくていのぶんしょう」
(変換されていない未確定の文章)
 をいちから全部消したい場合、
 バックスペースを打ち続けて1文字ずつ消すよりも
 Escキー1回で全て消すことが可能

 また変換確定してない文章なら変換前の状態に戻すことも可能

Escキーは「Esc」または「Escape」と書かれたキーで
「キャンセル」「中断」などのショートカットキーで使用される

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文章入力では一定のスペース(空白)を取り
文書の構成を整えるのに使う

タブキー【 Tab key 】
 表計算ソフトなどでは次項目へ簡単に移動できる機能
 インターネット上においては登録フォーム等の入力において
 一項目入力後に次の項目に移動するのに便利です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アルファベットを常に大文字で打てるキーなのだが
日本語入力だと、全角と半角とがあることから
押すことで(全角)英数キーとして扱われる

常に大文字にするためには
Shit + CapsLK と同時押しにしなければいけない

CapsとはCapital lettersの略(アルファベットの大文字の意味)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文字が長いので
キートップの刻印ではCtrlと略されてることが多い

通常の使い方では単独で押しても無反応
同時押しによって
様々なコマンド(ショートカット)ができる

基本的な使用法(Windows系OSで汎用的に使用できる機能)
 CTRL+A 全選択
 CTRL+C 選択項目のコピー
 CTRL+F 検索
 CTRL+H 置換
 CTRL+N 新規作成
 CTRL+O 開く
 CTRL+P 印刷
 CTRL+S 保管
 CTRL+V カーソル位置にペースト
 CTRL+X 選択項目のカット
 CTRL+Y リドゥ(Redo;やり直し)
 CTRL+Z アンドゥ(Undo;元に戻す)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一度押すとウィンドウのメニューバーにある
ファイル(F)などの部分が選択されるのがわかるだろう
編集(E)などとなっている( )の中にあるキーを同時押し、
もしくはAltキーを押してから押すことで選択できる

他のキーと一緒に押すCtrlキーと似た役割を果たす

Alternate key の略で、Alternate (代用)の意味である

・Alt+Tabでウインドウ切り替え(Shiftキーも押すと逆方向)

・Alt+スペースでウインドウ選択後にCで『閉じる』などが便利である

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ファンクションキーは
個別に決まった機能、動作が
割り振られているキーである
使用するソフトによってその機能は異なる

F1=ヘルプ
F2=ファイル名変更
F5=更新
F11=全画面表示
などのように割り当てられている

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

押すことでカタカナ、ひらがなに変換する

スペースキーの変換でも代用できる上に
「Ctrl+I」または「F7」で (全角カタカナ)
「Ctrl+O」または「F8」で (半角カタカナ)
「Ctrl+U」または「F6」で (全角ひらがな)
とできるので他のキーに割り当てて使う人も多い
 (全角半角キーなどにされる)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

押すことによって漢字変換することが可能
スペースキーが変換の役割をしているので
現在では、読めない漢字を選択した後に押すことで
再変換をかけて読み方を確認するなどに使われる

最初期のワードプロセッサなどで
変換キーとスペースキー(変換はできない)が
別々に分かれていたことの名残

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かな入力に切り替えるキー

MS-IMEだと「Altキー+カタカナひらがなキー」
ATOKでは「カタカナひらがなキー」だけで可能

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※次のページに続きます※

1 2





navariさん