1. まとめトップ

職種研究~クリエイティブ関連~

就職活動に向けての準備として、まず世の中の様々な仕事について知る必要があります。自分はどんな職種に向いているのか、どんな適性が必要か等を紹介します。

更新日: 2016年01月10日

3 お気に入り 572 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆クリエイティブ関連の仕事

TV番組や広告、雑誌、WEB等の編集、デザインを行う仕事。制作スケジュールを管理するディレクター職から、実際に制作するクリエイター職まで幅が広く、作り出す商品の制作過程のどこに携わるのかによって仕事内容は変わる。商品のターゲットは誰で、何を伝えたいのかという本質を忘れてはならない。アイデアをカタチにする難しさ、楽しさを味わえる仕事といえる。

◆この職種を分類すると

デザイナー

衣服や器物・建築物などのデザインを考案する仕事。ファッションデザイナー、メーカーで働く工業デザイナー、インテリアデザイナーなど専門分野は多岐にわたる。

WEBデザイナー

ホームページのデザイン制作が主な仕事で、顧客のニーズを取り入れつつ、ユーザーに効果的に見せるセンスのよさが必要。折衝力、プレゼンテーション能力に加え、限られた時間内に制作するスピードが求められる。

編集・制作

雑誌、テレビ番組、WEBサイトなどを制作するため、企画とスケジュール管理をする仕事。ライターやデザイナーなどのスタッフに適切な指示をする。

記者・ライター

新聞や雑誌に掲載する記事を執筆するのが記者。独立して同じような業務をこなすのがライター。広告のキャッチ制作はコピーライター、マニュアル制作の担当はテクニカルライター。

ゲームクリエイター

ゲームソフトを制作しているのがゲームクリエイター。夢と冒険の世界をつくる仕事。似た業務にゲームデザイナー、ゲームプログラマーなどがある。

◆この職種に対する適性

適性1:何事にも勉強をする意欲がある

まず、何事にも勉強をする意欲がある人がwebデザイナーの適性で、今どのような技術に注目しているかと聞かれて、これだと言える人はwebデザイナーの適性があります。そのような人には学ぼうとする前向きな意欲があるのです。新しいことを学ぶのには意欲と努力がなければなりませんし、夢が無くてはなりません。

適性2:コミュニケーション力がある

対人関係については、自分は特別な存在だと主張すると職場での同僚や上司とのコミュニケーションがうまくできなくなります。

適性3:自主性がある

webデザイナーはひとりで考えることが多い仕事ですから、自主性がないと務まらないでしょう。また正確さを重視するのもwebデザイナーの適性になります。自主性とは独りよがりのことではなく、正確さを確認するためにはほかの人の意見も聞くでしょうが、それは正確さを求めるためなのです。

◆関連まとめ

1