いわゆるマインドコントロールってやつでしょう。
この風習ができた時代は江戸時代で「分地制限令」のおかげで嫡子単独相続が定着された
(簡単にいうと、田畑の相続を制限した為に長男以外に相続出来なくなった。)

多くの場合、長男以外は都心へ仕事に出たが、長男の病死・事故死など相続者が
死んだ場合の為に次男が存在していた。

また7歳までは「神の子」と信じられ、いつでも神にお返しする(つまり殺す)ことができると
考えられていた。

前へ 次へ