村ぐるみで行われていた公然の風習。

ある村では昔は15歳になると大人の男性として扱われていたため、性教育の一環されていた。
相手は自分で選ぶことができず、後家(未亡人)だったり近所の婦などまちまちだった。

また別の風習として恋愛の形でもありました。
主権は女性にあり夜這いにきた男性を気に入らなければ断ってよい。
父親も公認で娘が年頃になると鍵を開けておいた

当時は性について大らかな考えだったようです。

前へ 次へ