1. まとめトップ

「ヤバイ!楽しい」中古車注目のダイハツ エッセの5速MTの魅力

発売開始から約10年。今でも中古試乗で根強い人気のあるダイハツ「エッセ」その中でもMT(ミッション車」は軽い車体とあいまってものすごく楽しいと評判です。そんなダイハツ「エッセ」をまとめました。

更新日: 2018年10月08日

13 お気に入り 167385 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mitsuba1375さん

中古車市場ではまだまだ人気のエッセ

たま数は多い方です。それでもMT車限定で探すと全国で50~60台しか見つからないレアカーの部類です。しかも、エッセカスタムのMTは人気で新車並みの価格となっています(新車が100万円以下と安いせいもあるが)。

5速の方が運転していて楽しいし、きびきび走れます。
5速は燃費も良いんです。
10・15モード、リッター26キロ(カタログ値)と非常に良好。

車体が軽いのとNAですがエンジンのトルクがあるので想像よりも速いです。
ただ、速いかとゆうとそれほどでもないのですが・・・
でも運転は楽しく燃費もいいです。

特筆すべきはこのエンジン、トルクが素晴らしい。そして高圧縮比の10.8。レーシングカー並みです。
それなのに燃料の消費を抑え、低燃費車として世に出ました。
普通車、そしてATにしか乗らない方には絶対わからないと思いますが、軽のMT乗りにはわかる楽しい車です。カスタムしたくなります。

5MT仕様はエッセの中でも最軽量(700kg)のグレードです。その分、他のグレードより動性能力で有利かもしれません。

また、エッセに搭載のKF-VEエンジンは、一般的な軽NAエンジンとしてはパワフルです。若干ですけどね。

58PSでロールしますがトルクがあるのでよく走ります

一応、公評値はダイハツ曰く58ps。これは現行NAエンジンの中では最高クラスです。

最近の軽でこれだけ軽く(MTで700kg!)作られた車は珍しいと思います。
しかも燃費重視のオールニューエンジン搭載ときています。
少し足回りが柔らかすぎる印象がありますが割り切った装備で手ごろな価格。
希少なMTミッションでキビキビ走るので私は好きです。

新型コペンよりエッセの方が性能良

コペン
車重850Kg(CVT 870Kg)、64馬力 =パワーウェイトレシオ 13.28

エッセ
車重710Kg(5MT)、58馬力=パワーウェイトレシオ 12.24

乗って最初の交差点を曲がって加速した瞬間の感想は「何このエンジン!タイプR(レース仕様)か!?」って位速く感じました(笑)。ミライースの後だと異次元の加速です!

最近はAT、CVTガ主流の自動車業界。
その中でMTの楽しさを再び味わいたいという人も少なくありません。

パーツも豊富でレーサー使用にもカスタムできる。
ベース車としても人気。

○いいところ

◆エンジンが良い(スポーツカーの様なレスポンスで7800rpmまで気持ちよく回る!)

◆車重が軽く、加速が良い。ダウンサスを入れればコーナーも無敵に!

◆実燃費が良い(街乗り短距離通勤でミライースの1割落ち)

◆レギュラーガソリンで36Lも入る(満タンで400~500kmは余裕で行ける)

◆安いエコタイヤでもなぜか楽しい

◆油圧パワーステアリング、ワイヤースロットル(エンジン直結)が良い味を出している(電子制御がなく素直に反応する)

◆デザインが個性的でかわいい

◆最低限必要な装備が付いている(エアコン、パワステ、集中ドアロック(グレード ECOは除く))

◆アフターパーツが豊富(LSDやクロスミッションまで揃う)

×逆にダメなところ

◆足がふにゃふにゃ(ダウンサスで改善)

◆選べるタイヤがエコタイヤしかない(中間グレードがない)

◆リアシートがしょぼい(座面が狭い、ヘッドレストがない)。エッセカスタムはまとも?。

◆荷物があまり積めない(4人乗ると手さげバッグ程度しか積めない)。

◆家族4人で旅行するには辛い車(ミライースは意外と行けた)。

◆標準グレードは、羊の皮をかぶり過ぎで舐められるw

◆ギア比がワイドで3速で130km/hに達してしまう。

◆センターメーターが馴染めない。

◆飛ばした時のブレーキが頼りない

◆安全面のコストダウンが不安(ABS、リアワイパー、ヘッドレストがない)

総評

ダメなところを書くと意外と出ましたがw、それを差し引いても満足度が高い車です。車をいじるのが好きな人、マニュアル車が好きな人は、買って後悔することはないでしょう!。
ただし、一昔前の強烈なターボパワーを知っている人だと拍子抜けしてしまうかもしれません。しょせんノンターボ(NA)の軽自動車なので、雰囲気を楽しむ車で速さを求める車ではありません

また、車が小さく目線が低いので、あまりスピードを出さなくても、ゴーカートのようなスピード感を得ることができます。日本の狭い道では、こういう車の方がパワーを使い切れて楽しいと思います。そういう意味で、通勤やドライブには最適な車と言えます。

今後、軽自動車のスポーツカーは出るでしょうが、マニュアルの設定があるのは、2シーターで趣味性の高い車しか出ないでしょう。それを考えると、実用性があって安くて楽しいMTの軽自動車は、エッセが最後になるかもしれません。
本当になくなってからでは遅いので、MT車難民の方々は、今のうちに程度の良い中古車を買うことをお奨めします。エッセは目的が合えば、楽しいカーライフを長く楽しめること間違いなしです!

車買い替えました。 ハイエースからのエッセ。ちっさ! でもやっぱりMTは楽しい(^^) 所詮軽だけどシルビア乗ってた時のスイッチがONになりそう(p_-)笑 pic.twitter.com/rYckok6led

ん。 やっぱエッセ燃費いいな。 結構飛ばしてリッター20越えるわ さすが軽の2駆MTだわ

1