ニュースなどで、どこかの会社に不正アクセスが行われた時などに「ハッカーによる攻撃」という言葉が使われるが、それは誤り。
このような破壊的な行為を行うものは「クラッカー」(破壊者)と呼び、区別するべきなのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る