1. まとめトップ

時給5000円って本当?キャバクラで働いてみたいけどなんか不安

夜のお店ってなんか怖そう・・・。時給5000円って書いてあるけど本当なの?怖いお兄さんに脅されたりしない?大丈夫?興味はあるけど一歩踏み切れないあなたへ、面接内容や給料システムなどの実態をまとめてみました。

更新日: 2016年01月10日

pscoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 8465 view
お気に入り追加

夜のお店ってお給料が良いし華やかな世界だし興味がある。でも実際、初めの一歩ってなかなか踏み出せるものではないですよね。

キャバクラやクラブ、ラウンジ、スナックなど夜のお水のお店って実際どうなのかまとめてみました。

そもそもどうやって見つけたらいいの?

それは普通の大手求人サイトで大丈夫です。なかでもanはナイトワークの募集が充実しており、ナイトワーク版なんてのもあります。ガールズバーからキャバクラ、高級クラブまで様々な価格帯のジャンルのお店が載っています。

だいたいのお店が初心者大歓迎と書いています。しかし容姿に自信のある人でない限り、最初から高級店に挑むのは難しいかと思われます。普通に面接で落とされて体験入店すらできないなんてこともざらにあります。

容姿に自信のない方でしたら最初は高級店は避けましょう。いきなり落とされたらメンタルがぶった切られてしまいますからね。
20代後半〜30代でしたらキャバクラやガールズバーは厳しいです。スナックやラウンジにしましょう。

時給5000円〜って書いてあるけど本当?

高い時給を提示しているお店は、はっきり言ってだいたいが嘘です。もちろん中には本当に書いてある時給をくれるところもあります。絶対保証なんて書いてあったらさすがに嘘はないとは思いますが・・・。

特にキャバクラは盛る傾向にあります。時給3500円〜や5000円〜等と提示してありますが、それはあくまで経験者でもともとお客さんをある程度持っている女の子に向けての話です。初心者は2000〜3000円のお店が多いです。時給4000円だと思って面接を受けたら、「じゃあ初心者だから2500円からスタートね」ってパターンがほとんどです。時給6000円〜と提示していても初心者は2000〜3000円からのスタートが多いです。

初めてだからこそ「えっ、時給4000円からじゃないんですか?」とびっくり仰天して素直に聞き返してみてください。「あ〜・・・どうしよう4000円からだと思ってたので、うーん・・・」その後ちょっと渋ってみたりしてみてください。見込みがあると思った女の子ならそれ以上の時給を提示してくれたりします。もちろん体験入店が終わってしばらく考えてみると言って渋るのも良いでしょう。体験入店でこの子はいける!と思われたらお店は欲しいのです。渋られたら時給を考え直してくれるかもしれません。もちろん面接や体験入店で光るものがなければ厳しいですが。あなた次第で時給は変わることがあるのです。

スカウトってどうなの?

夜のお店で働きたいけど風俗は嫌!という人には街中でスカウトしてくる人は、正直あまりオススメしません。優良なお店はスカウトなんてしないからです。キャバクラだと思ってついていって中に入ったらセクキャバだったという話も聞きました。注意してくださいね!

面接ってなにを着ていけばいいの?

綺麗な格好をしていきましょう。ばりばりのドレスを着ていく必要はありませんが、最低限ヒールを履いて綺麗にしていった方があなたのためです。お店にもよりますが、未経験者でも見込み次第で提示される時給には多少の変化があります。あまりにもみすぼらしい格好やカジュアルすぎる格好では面接で落とされかねません。或る程度の高級店の面接に行くなら髪の毛のセットだって必要です。

面接って一体なにを聞かれるの?

だいたいのお店ではボーイさんが面接をしてくれます。
ボーイさんのいないスナックなどのお店ではママやチーママが面接をしてくれます。

週何日間入れるのか
何曜日が入れるのか
何時から何時まで働けるのか
源氏名はなににするのか

未経験者でしたら、「なぜこの職業をしたいのか」はだいたい聞かれますね。
もちろんお金のためです!と良いたい所かと思いますがちゃんと考えて言いましょう。お金のためだということはお店側は知っています。「きちんとした接客やマナーを身につけたい」など自分の言葉で探してみてくださいね。

あとは「何故うちのお店を選んだの?」とかも聞かれます。

だいたい皆さん優しいのであまり気を張らずに望みましょう。

面接で聞いておくことは?

働くにあたって、いくつか確認しておきたいことがあります。
あとから「聞いてない!」なんてこといっぱいあります。そうならないように以下の項目は説明が無かったら、きちんと質問して聞いておきましょう。

罰金について

欠勤についての罰金はだいたいどこのお店でも取られます。言ってるだけで取らない優しいお店もたまにありますが。当日無断欠勤は高いところだと3万円、当日欠勤は1万円ほどです。これは知らなかったらショックですよね。あと遅刻や早退の罰金についても確認しておきましょう。イベントの欠席やグラスを割って罰金を取られるお店もあります。きちんと確認しておかないと痛い目をみますのでご注意を。

待機カットの有無

お店が暇で客席につかず待機をしている時間が長いと、待機カットというものが発生することがあります。トータル1時間以上待機していたら1時間分の時給カットのお店もあれば、完全にママやボーイのさじ加減のお店もあります。確認して待機カットが有りのお店ならば制度を聞いておきましょう。待機カットの場合はちゃんと報告してくれるのか否か。後者の場合は自分で退勤時に確認することが大切となります。待機カットでお給料をぼったくってくるお店だってあります。

キャッチの有無

店が暇になったらキャッチに行くのか行かないのか。ガールズバーじゃないからってキャッチがないとは限らないのです。

ノルマの有無

ノルマ無しと募集に書かれているお店でもだいたいあります。といっても「この時給が欲しければ月に何万の売り上げを作ってね」「今月何万円行かなかったら時給下がるか罰金ね」といった具合です。未経験者で最低時給スタートでしたらそれ以上下がる事はないので特に言われることはないと思います。交渉時給でスタートならいつしか言われるでしょう。

ヘアセットは必須なのか

必須となれば出勤毎に1500〜2000円かかってしまいます。領収書で半額の補助が出るお店や、お店に専属のヘアセットの人がいて無料または格安でセットしてくれることもあります。時間も30分は見ておかないといけないので要チェックです。

給料システム

大概の夜のお店はお給料から10%が税金としてカットされます。ほかには施設使用費などの雑費も取られるお店があります。1日500円のところもあれば1ヶ月5000円など様々です。

1 2





pscoさん

このまとめに参加する