出典 www.google.co.jp

デンデラ野(遠野市)

デンデラ野とは姥捨て山のことであり、その昔食い扶持を減らすために齢60歳を迎えた老人を山に捨てていた。江戸時代には日本各地で行われており、生きていても「墓に入った故人」とされたのである。まさに飢饉の歴史そのものと言えるだろう。写真の右側にある藁ぶきの小屋は「あがりの家」と呼ばれているもの。
老婆の鳴き声が聞こえたという噂があり、老人の霊がさまよっていてもおかしくない場所である。

この情報が含まれているまとめはこちら

岩手の【ヤバい】心霊スポット・廃墟13ヶ所

岩手の心霊スポット、廃墟についてまとめました。メインは心霊スポットで廃墟はおまけ程度にまとめてあります。

このまとめを見る