1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

赤ちゃんは手足が熱くなると目がとろんとしてきますが、これは手足から放熱させることによって深部体温が下がっているからです。この原理を利用して、深部体温が下がるタイミングで布団に入るのです。

体温を下げるには、逆にいったん体温を上げるといいでしょう。具体的には、お風呂に入ってぬるめのお湯に浸かってください。風呂からあがると体温が徐々に下がってくるので、そのタイミングで就寝すれば、寝つきもよくなるでしょう。

大人なら概ね6キロ〜13キロくらい。体重の10%程度を目安にした布団チョイスが良いようです。ただし、軽くても羽布団のように体にぴたっと密着するものであれば、こちらも優しく抱きしめられている感覚を得らます。

国10万人の子どもを対象に環境省が行っている健康調査で、3歳児のうち午後10時以降に就寝する子どもがおよそ30%に上り、7%が睡眠不足の状態にあることが分かりました。発育への悪影響などが懸念されるとして環境省は今後、健康への影響を継続的に調べることにしています。 それによりますと、就寝時刻が午後10時以降の子どもの割合は1歳児で13%、1歳6か月で16%、3歳児で29%に上っていることが分かりま...

ストレスを減らすことは中々難しいので、睡眠時間を十分に取り、禁煙し、食生活を改善することで心筋梗塞をある程度は予防、改善することができます。

具体的には高脂肪食を避けてバランスの良い食事をするように気をつけて下さい。特に家族に高血圧、高脂血症、糖尿病などの動脈硬化の原因となる病気を持っている人がいる場合は注意して下さい。

1